« August 2017 | Main | November 2017 »

2017.10.23

お伊勢参り。風と御帳

今月の上旬、中部近畿方面に
出掛けてきました。

その時に、人生で初めて
伊勢神宮にお参りに行きました。

人に会うときは
相手がどんな権力者でも
さほど緊張しない私ですが
神様となるとさすがに緊張。

1508472231926.jpg

伊勢神宮は
豊受大御神を祀る外宮と
天照大御神を祀る内宮があり
その二ヶ所は5キロほど離れている
と初めて知りました。

先に外宮、次に内宮を
参拝するのがお作法だそうで
そのようにいたしました。

こちらは、外宮の正宮。
1508472232725.jpg

1508472233217.jpg


こちらは、内宮の正宮。
正宮は撮影禁止で階段の下までしか撮影できません。
1508472233748.jpg

時間もあまりなかったので
外宮、内宮とも、
奥の正宮のみをお参りしたのですが
内宮の天照大御神をお参りしたとき

当日のお天気は雨で、参拝の方はまばら、
正宮に向かってお参りするときに
他の人はいませんでした。

その時に
白い御帳(みとばり 白御簾ともいうらしい)が
風でふわりと手前に捲れてきました。

これ、
お伊勢参りをした方の経験談を読んでいると
時々出てくる現象です。
さほど風のない時でも
伊勢神宮の中にふわりと起こる風で御帳が持ち上がる。
持ち上がり方は、途中までだったり
完全に上までだったり。

何年も、何回も伊勢に参っても
これを見たことがない、と言う方もいます。

なんとわたくし
初めてのお参りで、
内宮の正宮でこの体験をしてしまいました。
しかも、御帳はあれよあれよと
一番上まで持ち上がったのです。

本来は御帳があるので、
正面からは見えない奥の宮
(神様はさらにその奥ですが・・・)がはっきりと見えました。

神様が、よく来たね
みたいなことで御帳を上げてくれているのでは、
なんていうご意見も読んだことがあります。

そのことを知っていたのもあり
感動で涙が出そうでした。


お参りを終えると夕方の5時。
伊勢うどんのお店や、お団子屋さんが並ぶ
「おかげ横丁」はもうお店も終わっていて残念でしたが
お伊勢参りにはまた来ようと思いました。

感動を噛みしめながら、
晴れ女で有名な私が
このお伊勢参りの日、
どうして雨にあたったのか
分かった気がしました。


中部地方は、まだ晴天だと
北海道民にはぐったりするくらいの暑さなのが回避できたこと、
雨のおかげで参拝者がものすごく少なかったこと。


おかげで
御帳が上がったことは私のためだ、
と強く信じることができたので。笑


信じる者は救われるのです。(≧▽≦)

2017.10.02

神無月

あれよあれよと10月です。

9月28日には乳癌の手術からちょうど2年がたち
最近は本当に
その事を忘れるくらい
心身とも元気いっぱいになりました。


小さなお客様
1506922783347.jpg

大きなお客様
1506922784059.jpg

キャットなお客様
1506922784656.jpg

お墓参りで見かけた毒キノコw
1506922785149.jpg

も一つキャットなお客様
1506922785799.jpg

ひかるも元気です
1506922786378.jpg

« August 2017 | Main | November 2017 »