« April 2015 | Main | June 2015 »

2015.05.28

骨がおれるわ~~

苦労を伴う時に使う言葉ですよね。

特に苦労はしてないんですが

あの日は

野球に行けることになった嬉しさで
テンションMAXでした。

かなり
浮かれていました。


それであわてて
ドームに出かける準備をしながら
引き出しに足を強打。


なんか、自分の浮かれ加減が滑稽で
紫に腫れる足指を見ながら
私は一人ゲラゲラ笑っておりました。


それから1週間もたったころでしょうか
再び、
野球の日にベッド下の引き出しにぶっつけた足の指と同じところを
椅子の足にぶっつけるというミラクルヒットをかました
強打者かぶこでございます。

その日からもさらに5~6日?
たちましたが

痛みがなかなかひかないので
プールでのウォーキングはしていいものかどうか
冷やすべきか温めるべきかを相談しようと
病院に行くと。


折れてますね。


と、あとから診察室に入って来たお医者様。


私は
すでに大きな画面に映ったレントゲンを見ていたので
すらりとまっすぐ映っている骨が折れているとは夢にも思わなかったので

心からびっくりして

えーーーーーっ!!!とリアクションしてしまいました。

ほら、ここ、線が入ってるの見えるでしょ。
ここ

折れてます。

ふーん。

簡単に折れるのね。


しかも、骨折と言えば激痛、と言うイメージだったけど

綺麗に折れてるせいか
歩くときにいたいくらいです。


仕事にも生活にも支障はほとんどありません。


2015.05.26

24時間テレビのマラソン

今年はDAIGOさんが走ることになったんですね。


先週
このテレビ番組をうとうとしながら見ていた時


あれ?
24時間テレビのマラソンて大久保佳代子さんが走るんじゃなかったの?


と疑問でいっぱいでしたが
それはフジテレビの27時間テレビの方だったのですね。ww


テレビ番組で公開オファーなどされた日にゃぁ
いやでも断るわけにいかないですよね。。。

なんだか

少し

可哀想だな。

とDAIGOさんを見ていて思いました。


私、
走るのも苦手だし持久力もないから
もし


24時間だの100キロ走れ、などと言われたら
即答でNOと答えるしかないもの。。。

今週の同番組では
ご自身で走ると決めたそうなので
応援しようと思います。

P4260010


2015.05.22

サイクル

ひと月の間に数日おとずれるドカ食い期。


ここ3日くらいが丁度その時期のようで
食べても食べてもお腹がすきます。

今日は
とんかつ屋さんで定食を食べたのですが


ご飯とキャベツはお代わり自由

の張り紙に従い
キャベツもご飯も
2杯ずつ完食。

春キャベツは美味しいし
ご飯は五穀米を選んでもお代わりできます。
五穀米の炊き加減も丁度良くて
2杯目は少し多いかな?と思ったけれどペロリでした。

仕事とコナミで
カロリー消費に励みます。

・・・・で

お腹がすいてまた食べちゃう、と。

(≧▽≦)

Img_4754

2015.05.19

ちー

みなさま、ちーはお好きですか。


午後のちー、食後のちー
お友達と語らいのちー

いろんな場面で楽しむことの多いちーですが。

ちーですよ?


tea


私は、
母が緑茶好きだったこともあって
一番ほっとするチーは
子供の頃から飲み慣れた緑茶なのですが


日々の生活では
コーシーを飲むことが圧倒的に多いです。

なぜかは、わかりません。

しかし、最近


お紅茶をけっこう飲んでおります。


お紅茶の中でも


アールグレーに目覚めておりますの。

ハーブチーを初めて飲んだのは
もう高校生くらいになってからのことで
最初はなかなかに馴染めなかったものです。

そして、
私の中で紅茶と言えば
リプトンの黄色いチーバックがすべてで
ハーブチーは紅茶とは別物と言う認識でおりました。


カッフェーなどで
ダージリン、アッサム、アールグレーなどと
種類が選べるときは
訳が分からずも
大抵一番最初に書いてあるダージリンを頼んでいました。


そんなこんなのまま
紅茶に関しては無知のまま人生40余年過ごしてきましたが


ある時のカッフェーで、
アールグレーを頼んでみました。


すでにハーブチーに馴染むことに成功したわたくしの味覚に
ほのかに広がったハーブっぽい風味に
いっぺんに魅了されたのでございます。

ネットで見ると
このハーブっぽさはベルガモットなのですね。


人生で初めて飲んだハーブチーは
香りも酸味もきついハーブが数種ブレンドされた
強烈な味のものだったので
ハーブチーの印象はそれほど素敵なものではありませんでしたし
アールグレーの魅力に気づくまでに随分かかりましたが
最近はカッフェーでも自宅でもアールグレーを楽しんでおりますの。

はぁ~~~、んまい。


2012_07_13_002
にゃんだって?

2012_07_13_024
ちーじゃなくて、てぃーだよ。

2015.05.15

ウェディングペットシッター

最近、札幌でもポピュラーになってきた
結婚式への愛犬参加。


私が最初にそういうウエディングプランを聞いたのは
10年くらい前でした。


私がお手伝いさせていただいたのは、
ワンちゃんがすでに会場で指輪交換の役目を終え
新郎新婦さまがワンちゃんとの記念写真を撮り終えたところに
ワンちゃんをお迎えに参上し、
ペットホテルへお連れする仕事だったのですが

その時は、
現地でのワンちゃんのお世話は新婦さまのお母様がしていたのかな?

ワンちゃんのことで大変気を使われたことを
後でお母様にお聞きした記憶があります。


そういったご親族様のかわりに
式が終了するまでの間
ワンちゃんのお世話をするのがウエディングシッターです。


私のシッター仲間さんにも経験者がいますが
先日、
市内でシッターさんを営む方からのご紹介で
ウエディングプランナーさんから
そのウエディングシッターの依頼がきました。


ウエディングシッターは拘束時間が長いので
すでにシッターの先約が1件でも入っていると請けられません。

ご紹介くださったシッターさんも
せっかくお話をいただいたわが社も
依頼をいただいた当日はご予約受けられず。

プランナーさんに別なシッターさんを紹介することで終わりました。

続くときは続くもので
再び別な日でのウエディングシッターのお話が来ました。
その日はスタッフながのが出動可能なので
派遣する方向で話を進めています。


まあ、華やかなお祝いの席なので
私が行くよりは
若いながのがワンちゃんの介添えをするほうが
華があるでしょう。(笑)


私が10年前に
ウエディング会場に、
新婦さんに負けないくらい可愛いドレス姿のワンちゃんを迎えに行った時、

大切な家族の一員であるワンちゃんも
結婚式に参加できることの素晴らしさと、
それを少しでもサポートできることがとても嬉しかったです。


Img_8311
(写真はイメージですww)


朝のコーヒー

今朝、お客様宅への送迎の帰り道。

マックのドライブスルーでコーヒーを買うことに。


コーヒーが飲みたい時、

家に帰ってコーヒーを淹れるのが面倒な気がする、
なおかつ
通りすがらにドライブスルーがある
なおかつ
コンビニに車を停めて買うのが面倒な時は
ドライブスルーです。


今朝の車中は寒くもなく暑くもなく。

マックまでの数分間に

ホットコーヒーにするか、
アイスコーヒーにするか
迷いに迷って
結論が出ないまま
注文のマイクの前に到着してしまい

わたくしの下した決断は。

ホットコーヒーSとアイスコーヒーS、ください。


(≧▽≦)


そうです。


迷った時は

どちらも頼めばいいのです。


Dscf0055


Img_4276


2015.05.12

ひとり飲み

夜はコナミに行くことが多いんだけど
火曜日は地元のコナミは休み。


地元の次に近い西岡は火曜日もやっているのだけど
今日は行かずに
テレビを見ながら
1人でちびちび飲んだくれます。


毎日飲むわけではないけれど
気分がいいときは少し飲みたくなります。


今日は忙しすぎず
疲れすぎず
いい日でした。

1423844499097


2015.05.10

母の日にシリアスなお話でも。

前にも書いたかな
実家の母が自宅で具合悪くなり
入院して2週間で他界するまでのお話。


今日はそのことを思い出しています。

2012年9月のこと。

今年でもう3年目になるんだなぁ。


線維筋痛症とか
リウマチ性なんちゃらとかの難病を抱えていて
通院はしていたものの、
それで命が脅かされるとかそういう状況ではなかった母が
自宅で突然具合を悪くして入院した。

姉から連絡を受けて病院に連れて行く段階では
すでに意識も朦朧としていて
入院した翌日にはほぼ意識不明になってしまった。

病院のご配慮で
私と姉とで夜通し病院にいることができたのだけど
数日たってからは夜は姉と交代制になり
更に数日後には、
もう意識が戻る見込みもなく時間の問題、
というようなことを担当医から言われ
姉と私とそれぞれが夜は自宅に戻り
病院からの連絡を待つ状態となった。


それでも
消灯までは付き添いを許可してくれた病院には
今もとても感謝している。

個室に母と2人きりでいる時は
意識のない母に向かって


おかあさん、大好きだよ。
おかあさん、ありがとうね。

と、
何度も何度も話しかけた。


姉が付き添いだったある夜、
私はあるヒーラーさんと話をした。


ヒーラーさんと母の病状の話になった時
ヒーラーさんが
この時間にあなたが学ぶことがある。
それが終わるまでお母さんは亡くなりませんよ。
みたいなことを言った。

それって、なんだろうな。。。と思いつつ
また時間が経っていったある日のある瞬間

あ。


と思いついたことがあった。

子供の頃、
お母さんのいる場所で
コロコロと遊びながら

お母さん、見て!
お母さん、見ててー!!

と、はしゃいでいた私。


私はいつもお母さんに注目されたいお母さん子だった。

母は母なりに愛情いっぱいに育ててくれたことを
大人になってからは十分理解できたけれど
それは理屈による理解であって


子供の頃の私は
心の片隅でどこか、
お母さんにもっともっと愛されたい
構ってほしい、と願っていたように思う。

後で思えば、母の愛情が少なかったのではなく
私が母に求める愛情が物凄く大きかった、ってことで。

で、

あ。


と思いついたことって言うのは


私は、もう残り時間の少なくなった母に

私はお母さんのこと、こんなにこんなに
こーんなに大好きだったんだよ。
ってことを生きているうちに伝えたい一心だったけれど


お母さんも
私のこと大好きだった、もしかして?

と言うことだった。

私、そこのところ、考えたこともなかった。

母は元気だったころにはよく、
親の子殺しのニュースなどを見ると
考えられない、ありえない、鬼の所業だ、みたいに言っていた。

母にとって、
子を愛せない親などいるはずがない
という認識だったことを物語っている。

しかし、
自分のこととなると気付けずにいた。


私が子供の頃、母に対してもっともっとと求めた愛情を
母は当然のごとく持ち合わせていたのだ、ということ。


お母さんも、私のこと
大好きだった?んだよね?

自分の思いを伝えることばかりに気を取られていた私が
そこにふと意識を向けることができたとき
私の心の中に
それまでの切迫感と違うものが生まれた。

それから
ほどなくして
母は亡くなった。

Pa140027


2015.05.07

カトちゃんが、元気だ~~!

ダウンタウンのテレビがついてるんだけど


カトちゃんが
去年、
具合が悪かった時のことを元気に語っている。

話もしっかりしてるし
人を笑わせるパワーもしっかりしてる。


去年だったか、
つるべさんとの番組や
徹子の部屋などに出た際の様子が変で
病状悪化説が流れていたころ
私もテレビ越しに異変を感じていて心配していた。


そのことを笑いにして話せるようになったカトちゃんを見て
とてもうれしい。


これからも体には気を付けて無理せずに
長く人を楽しませてくださいね。

P1210011

2015.05.04

外が気持ちいいです

とくダネ!を見ておりますと
通販会社ニッセン調べによれば

このゴールデンウィークは
41パーセントの方が自宅で過ごす
27パーセントの方が近場で過ごす
という統計だそうです。

安近短ってやつですね。

ペット業界は連休は繁忙期ですが
もし休日だったとしても
私は「近場で過ごす派」だと思います。


実際、仕事の合間のわずかな時間で
小樽の庄坊番屋で夕飯食べたり
札幌駅の大丸で30分だけウィンドウショッピング、とか
普段やらないようなことをして
連休の高揚感を少しでも感じるようにしています。


お天気にも恵まれて
前半は桜の見ごろともかさなって
連日ワンコ達と外に出るとポカポカと気持ちよくて
繁忙期と言えど素敵なゴールデンウィークだと思います。

Img_3640_2


« April 2015 | Main | June 2015 »