« October 2014 | Main | December 2014 »

2014.11.30

色々重なる時

日頃平穏に過ごしているわたしに
久しぶりに心が大きく揺れる知らせが届いた。


この痛み、この励ましをどう言葉にしていいのか
思いつかないくらい、さびしさや衝撃に駆られる知らせだった。


過去に何度か
ペットを飼っている男性で
そのペットちゃんの体調が悪いのに
病院に行こうとしない人を見かけたことがある。


その理由は


真実を知るのが怖いから。

だったりして


私にはない感覚だなぁ、と思ってきた。


私は
早く真実を知って、どう対処するべきか
専門家の知識や経験者の話をもとにより良い選択をしたい
と思う。


しかも、
見て見ぬふりをしたとしても
結局、なんだか分からない不安はずっと続くのだから。

そのことはなぜか男性に多い、ということを感じたのは
たまたま目の当たりにしたのが男性だったせいもあるだろうけど
テレビで、検診を受けるのは怖いという男性が多いのもあったり、
男性ならではの繊細さや弱さも関係している気がする。


女は産む性だけあって、
血だの痛みだのには元来強くできているだろうし
守りたい、とか生かしたい、という本能も
もしかしたら強いのかもしれない。


だけど


最近、心身ともに少々弱くなってきたのか

知りたくない。


と逃げ腰の人の気持ちが
前より少しわかるようになった。

知ってしまうことで襲ってくる不安や恐れから逃げたい。


・・・・・・・。

かと言って
知ることから逃げていても

真実が変わらない以上は

人として、強くあらねばならないのだ。


自分も、友人の親世代も、
けっこう年が行ってきたので
友人知人の親や本人の闘病の話を聞く機会も多くなってきた。

本人、家族、
それぞれが苦悩を背負いながら日々を送っている。


私も、やはり
生前の父や母が病に倒れたとき
えもいわれぬ不安や、
自分ができることの限界に苦しんだ。

言ってみれば
皆が通る道、かもしれない。


だけど、
相手の代わりには、自分が何もできないことは
とても歯がゆいものだ。

相手の気分を軽く明るくしたい、と思ってはみても
病が、その人本来の明るさや気丈さを
どこかに持ち去ってしまったりする。

何かの本で読んだように、
病気でふさぎ込まないよう、
病人のようにふるまわず
昨日よりは良くなった、たまの入院もいいもんだ、
治療費に1万円かけるくらいなら次は1万円で温泉に行こう、
そんなふうに前向きに、
病気のことばっかり考えてないで楽しいこと考えて。

って
全力で励ましたい。


けど
それを
そうだね、と聞いてくれながらも心が受け入れられない人もいるし
鼻から、励まされることすら拒絶してしまうくらい不調の場合もある。

物言わぬ動物たちは
病気でみるみる衰えてみたり

私を毅然と育ててくれた親だったのに
加齢と病気で弱音や愚痴のオンパレードになったりすると


こちらが支えるどころか
一緒に弱ってしまうことさえある。


今まで
自分の身の上にも
色んな苦しみや痛みが襲ってきたことがあるし
一つでさえ大変なことが
一度に幾つもやってきて
心が悲鳴を上げていた時期もあった。


今は平穏である自分も
苦境にある人を見て、その痛みを察することができるだけに


むしろ
正面から受け止めることから逃げたいという思いが
ふと湧いてしまうのかもしれない。


長く生きているといろんな経験をする。

同じ経験をした人の気持ちが
していない人よりはわかるものだ。

だけど

経験があるだけに

自分の辛さも同時によみがえってくることに
どう交わしていくか、
または付き合っていくか。

まだまだ精神鍛錬が必要です。


寂しさも、つらさも
根本は
あなたがいてくれることがうれしい。
あなたに元気でいて欲しい。


という思いから出てくるものだから

それだけが伝われば、
それでいいのかもしれません。

Img_8580
きっと、ウマくいくよ

2014.11.20

アートとアクアな小樽

昨日は
リールママちゃまの展覧会を見に小樽へ。

リールママは
ひかるが家に来て以来いろいろたくさんお世話になっている
ひかるの実のママのママです。(笑)

運河の近くの美術館で
お仲間との合同の展覧会。

リールママの作品は
立体だったり水彩画だったり
アートな才能が皆無な私には
感心しきりでございます。

Dsc_0115

季節感のある作品の数々。
Dsc_0116

そして
帰り道では
ウイングベイ小樽のコナミで
少しプールでウォーキングをして、温泉につかって帰りました。


半月以上
風邪で苦しむ中、
近くのコナミにお風呂だけは入りに行っていましたが
小樽でプール復活を果たしました。(笑)


しかも、ありました!!
噂のウォータースライダー。


土日しか稼働していないようですが
いずれ是非やってみたいです。

Img_8344


2014.11.17

ねんきん

皆さん、老後の蓄え、してますか?

したくてもなかなか貯まらない人
そんなことは心配せずに今あるものは使ってしまう人、
色々な方がいらっしゃると思いますが。


今って、
公的年金の満額支給が65歳からなんですっけ?

企業が65歳定年を実施している割合は
2012年で14パーセント台だったそうです。
昨年の法改正もあって
今は65歳定年の企業が増加中だと思いますが

定年してから年金が出るまでの無収入時代を
どう過ごすか。
サラリーマンの方々は考えていらっしゃいますか?

私は自営業なので
健康さえ維持できれば
何歳でも仕事は続ければよいのでしょう。

浪費もせずにできるだけ貯金もしないと、と
漠然とした不安もあるのですが
本当は、もうちょっと休みを取って旅行とかしたいです。^^;


しかし
私は国民年金の被保険者期間がかなり長いので
年金定期便によれば
私の予想年金支給額は月額10万円足らずです。

老後は否が応でも働かなければ暮らしていけません。
しかし
60歳越えて、体力勝負の今の仕事を
今と同じペースでできるかどうか・・・。

そう考えると
定年してしまったらぴたりと収入のなくなるサラリーマンと
細々とでも続ける限りは収入が得られる自営業
良し悪しを決めることってできませんね。


自分の与えられた環境で
どうすることが自分にいいことなのかは
自分で考えるしかありません。

私は、
年とってからもできるだけ仕事できるように
今から食事や健康に気を付けることと
少しでも貯蓄しておくことを選ばねば、と思っています。

Img_4802


Img_4803


2014.11.13

シナプソロジー

先日、たまたま見ていたテレビ番組で
漫画家の蛭子能収さんが軽度の認知症で
その症状を放っておくと
4年後には半数の人が認知症に進む、という
驚きの検査結果が出ていました。

息子さんが
蛭子さんの激しい物忘れを心配しての検査だったようです。

物忘れ。

私も時々
びっくりする物忘れがあります。

蛭子さんの軽度認知症改善策として
シナプソロジーと言う簡単なトレーニング法が紹介されていました。


意識的に脳を使うことを
考えなくっちゃ。


と、少し焦った

かぶこ47歳。


私の場合、緩くだけど
ピアノのレッスンをしていることが
脳にいいのは有名な話ですが
個人レッスンでなので自由にレッスンのペースを設定できるので
自分がやる気を出さなければずるずるとやらない時間が続きます。


本当は
与えられてやらざるを得ない状況の方が
いいような気がします。


週に1度何かの教室に通う、とか。


お勤めに出ている方は
もっともいい状況かもしれません。


しかし、危ないのは
その勤めを辞めた後。
頭を使う頻度がガクッと減ったときみたいです。


女性の健康寿命は73歳とか77歳とか言われているそうです。
体の健康と頭の健康とをしっかり守って
充実の毎日を送っていきたいですね。

私の父は68歳で、母は73歳で他界しました。
私もそれくらいだとすると
あと26年くらい。


26年なんて
あっという間じゃないですか!!

Dscf0044


Dscf0049


2014.11.06

私がおばあちゃんになったら

先日、長年のお付き合いのある近所の友人
木下宅へ遊びに行った。


木下家の長女ちえちゃんは初めて会った時は小4だったかなー。
今はお嫁に行って2児の母。

と言っても市内に家も建てたので
実家にはよく遊びに来ているそうで。


その日もちえちゃんが子供たちをつれてくると聞きつけて
木下家を突撃!!!

上は3歳の女の子、下は4か月の男の子。
可愛すぎてたまらん。

子供たち本人を前に
100日記念や七五三など
スタジオで撮ってもらったアルバムを見せてもらいながら


これも可愛い、これはもっと可愛い
この色が似合う、この着物がいい、
どれもこれも可愛くて
何度も写真をめくりなおす。

もし私に子供がいて
孫なんて生まれた日には。。。。。


破産するな。


と思った。

スタジオに用意されている華やかな衣装、
どれにするか、なんて選べる?

いや、選べない。

どれも可愛すぎる。

値段?
はぁ???
子供のこの時期は今しかないのよ!?
お金の問題じゃないでしょーーーっ!!

と、

暴走おばばになるに違いない気がするも。

孫は可愛い、って言うけど

こうやって疑似体験させてもらえると
確信するね。

孫は


絶対、可愛い。ww

Pa190026


Img_5387


« October 2014 | Main | December 2014 »