« April 2014 | Main | June 2014 »

2014.05.31

生き物を育てるということ

こんにちは、かぶこです。


映画「ツレうつ」を鑑賞して以来
イグアナに興味をそそられ
飼育するなら巨大化するイグアナより
フトアゴの方が容易であると知り
数あるレプタイル(はちゅうるい)の中でも
私が可愛いと思えるのは
その2種であることを自覚するに至りました。

 

自分で飼うのはなかなか決断と費用もいるので
人さまのブログや動画で楽しませていただいている毎日なのですが
今朝たまたま見つけた
「探偵!ナイトスクープ トカゲを飼いたい少年!?」で

 

ゲラゲラ笑って、
少年のプレゼンと土下座に少しもらい泣きして、
結末にまた心から笑いました。

すごく良くわかることだらけです。

よくありそうなお話です。
動物の好きな子供がいる人なら
きっと1度は経験することかもしれませんね。
大抵は犬か猫か、せいぜいうさぎくらいだと思いますが。^^;

私はコオロギよりワームの方が無理っぽい。

手から食べさせるのは野菜類とかにしておいて
活餌はピンセットであげる人が多いようですけどね。

だけど、

愛好家の方のブログなんかを見てると
最初は活餌なんて無理、きしょ、とか言ってた人も
育てるためには乗り越えて
餌用の昆虫までもを繁殖させたりしています。
この辺が無理で飼育をあきらめている人は多いと思います。

メディアでも、動物園でも
活餌を与えるシーンは残酷だ、と
人目に触れさせない配慮があたりまえですが


活餌ではないけれど
鶏の形がほとんどそのままの肉を食べている肉食動物の食事シーンすら
数年前までは残酷に思えていたわたくし。


だけど
それが彼らの生きるための食事なのだと、
年パス使って動物園通いを続けた中から
残酷さより必然であることを体得できたような気がします。

なので、ちょっと前よりは
活餌を食べるレプタイルの動画なんかも
平常心で見れるようになりました。

フトアゴのいろいろを見ていると
脱皮の際に鼻の周辺も脱皮するために
鼻の穴からエノキが生えているように見える「鼻エノキ」
腕を動かすアームウェービングと言うしぐさ
襲ってきたりかみついたりしない穏やかさ、
怪獣を思わせる風貌なのに、パグのように首を傾げたり
赤ちゃんのような二の腕のふくよかさ・・・。


なんか、可愛いんですよね。

アームウェービングの参考動画

2014.05.29

豊平川で事故(追記あり)

生協の味の時計台で遅い昼ごはんにラーメンを食べていたら
消防のサイレンが2台、国道を通過したのがわかった。


食べ終わって外に出ると
すぐ目の前の豊平川上空を道警とどっかのヘリが2台旋回している。


多分、水難事故だ。


外にいる人はみんな
その騒ぎを見ている。

家に帰る道を少し変えて
藻南公園の駐車場に車を止めて
橋から川を見ている数人の集団のところに行って
どうしたんですか?

と聞いてみたら


N高校の生徒さんが何人かで遊んでいて
1人が流されたらしい。

と1人の女性が言った。

今日は札幌もなかなかの陽気で
若い子なら水に入りたくなったのかもしれない。

ひかるを時々連れて散歩に行くまさにそのあたりだ。


2013_07_27_029
これは去年の写真。


この真後ろあたりを今もまだヘリが旋回している。
報道のヘリも加わったのか、2台がもっと増えて
今、自宅についてもなお騒々しくヘリの音がする。
お向かいのお父さんも庭に出て見上げていた。


海が怖いのをわかっている人は多いけど
川も怖い。


どうかどうか
大人の方々、
子供や若者たちに
水の事故の怖さを指導してほしい。


追記。

今、テレビつけたら地元ニュースでやってました。
15歳の少年が中州から岸にわたる途中で転落したのだそうです。

小学生くらいの時、
みんなで遊びに行ったら
男子の何人かは川を渡って向こう岸に遊びに行ってました。


私はわたる度胸がなくて行ったことがありませんが
まさにその時の男子の様に遊んでいたのでしょうね。。。


捜査中でまだ見つかっていないそうです。


早く見つけてー。

2014.05.25

ユーミンが好きですのん。

こんばんは。
黒田官兵衛です。


うそです。
かぶこです。


今週で5月も終わりですと!?

にょー。

今月はお誕生月だったのですが
免許の更新時期です。


今週は絶対更新に行きます。

それともう1つ、
今週はユーミンのコンサートがあります。

ああ、わくわく。

コンサートのタイトルである新しいアルバムは
発売と同時に聞きまくってきましたが
試験対策最終段階として
古い楽曲の何が来てもノリノリでいられるように
久しく聴いていないアルバムをブックオフで2枚買ってきました。


「昨晩お会いしましょう」は
大ヒット曲「守ってあげたい」が入っているアルバムですが
私持っておりませんでした。
殆どの曲を知っていたのでアルバムなくてもいいじゃろ、ってことで。


その頃の音源はFMラジオから録音したカセットテープでしたので
今となると聞くすべはありません。


中古でも1550円もしてびっくりでしたが
買ってすぐ車中で開封し、かけてみると
1曲目からしびれまくりです。
1枚聞き終わるとコンサート1回見たくらいの満足感。lovely

もう1枚はDA・DI・DA。
これはレコードを持っていましたが
CDで買い直しです。
高校生時代かな。
中学生のころに買ったパールピアスに続いて
当時の私にはちょっと大人っぽい曲調でしたが
永遠の名曲「シンデレラエクスプレス」と
「たとえあなたが去って行っても」に至っては
しびれるのを通り越して感極まって泣けてきました。crying

中学生のころからはまり続けのユーミンですが
古い楽曲は時間とともに自分の思い出と重なって意味深いものとなり
新しいものは、それが生まれるとともに
視聴やカラオケで楽しみます。

ユーミンのコンサートは
いつもショーとしてとても練られていて楽しめます。
お歌はお上手とは言えないかもしれませんが
すべて含めて愛すべき偉大なアーティストです。

045


2014.05.20

こんばんは。

いきなりですが
北海道の最低賃金は734円になったんでしたよね、たしか。


労基法と言うのは
雇用される人を守る法律であって
経営者を守るものではありません。


ある時自分の仕事量を時給で計算してみたら
200円台、と言うことがありました。(≧▽≦)
お客さんは結構来てくださってて
仕事もいやと言うほどしたはずなのに、です。


一番は、価格設定のミスですよね。

その後、こりゃいかんと思って
改善して今に至りますが。

経営者としての自覚も実力もない人間が商売した時
典型的な2つのパターンとして

お客様のことは後回しにしても
利益第一に邁進する愛のないパターンと

自分が犠牲になってでもお客様の満足度を高めよう
(結局それが自分の満足でもあるから)とする
愛情過多パターンがあるように思います。

先日伺った爬虫類ショップのお兄さんも
後者のパターンで経営が成り立たないので
近々廃業することにしたのだといいます。


お兄さんのことは一度しか会ってないのでよく知りませんが
ペット業と言うくくりでは私も同業者になるわけで、
話を聞いているととても良心的な経営方針でやっているのだな
と思いました。

しかし、

お客様第一すぎて自分がつぶれてしまうことは
商売としては
やり方が間違っているということなのでしょう。

厳しくて言うのじゃないですよ。

私も下手するとそっちだから
自戒としてもこの記事を書いているのです。

ずっと以前にも書いたけど
商売は三方良しでないといけない。

お客さんにもよくて、
世間のためにもなって、
自分のためにもなる。

どれかだけを重視しすぎては結局だめになってしまう。


ダメになると、支持してくれていたお客様に迷惑をかける。

さっき、ある出来事があって
商売の神様が
私にこんなメッセージをよこした気がしました。

人手が足りないほど仕事があるのに
自分の時給がバイトの最低賃金以下ならば
商売なんてやめてバイトに出たほうがいいですよ。

!!!!!

ちっくしょ~~~~。
神様にそんなこと言われないように
がんばるぞ~~~~~~~~~っ。(笑)(笑)(笑)


Img_5269

2014.05.14

神がひかるを創る時

Photo


  

  

神様がひかるを創ろうとしたとき
ちょっと入れすぎたようです。happy01


創造神ジェネレーター


朝私が起きても、チラッと見るだけで
まだ寝室で寝ているひかるさんです。
最長は朝9時半まで寝ていました。
ほんとに犬!? ww

2014.05.13

イグアナの娘

先日、ネットの無料配信で見た映画
ツレがうつになりまして。
のおかげでずっと気になっていたことがある。



イグアナのこと。




映画では
ご夫婦のペットとして
イグアナが出てきた。




イグちゃんと言う名前だったので
イグアナで間違いないと思う。


後で調べると
映画に出ていたのは
大きさから言ってまだ成体ではないようだけど
よくなついて人と触れ合うことが苦ではない様子。




私は長年

ペットを扱う仕事をしていながらも
爬虫類や両生類のほとんどを
可愛いと思ったことがない。




むしろ。。。ニガテ。だった。


しかし、円山動物園が
そんな私にもたらした功績は大きかった。



いつぞや爬虫類館が新しくなってからは
入り口近くにいる大きなアリゲーターをしげしげ眺めることで
あの不思議な形の手を可愛いと思うようになった。

 


舌の割れた舌をちろちろして近づいてくるトカゲ系の生物も
ぞっとしつつも直視できるようになった。
以前は見ることもできなかった。

 
 


蛇はまだ駄目。

 

 
 

最近連日読みふけっているゲイカップルのブログと共に
イグアナを飼育している人のブログも
ちらほら読むようになった。

ネットでいろいろ見るより
実物を見たらまた気持ちも違うだろうと
今日ペットショップのヤマガミに行ってみた。


トカゲ的なものや蛇のエリアにあえて踏み込んでみたけど
イグアナはいなかった。


店員さんは常連さんみたいな人とずっと話し込んでいて
情報は何も得られず。

ついでなので
南区川沿にあることになっている
爬虫類ショップにも寄ってみることにした。


スマホで検索した住所をたどって行ってみると
昨年売り物件として出ていたので
見に行ってみたアパートの隣の棟だった。

そこの1階で個人が営業している感じのお店。
普通にアパートのピンポンを押すとお兄さんが出てきた。


蛇、カメ、トカゲと水槽にいろいろいて
お兄さんが飼育方法などを含めて色々説明してくださる。
イグアナはいなかったけれど
人慣れしているなんとかいうトカゲ系の子が数種類。

見ているとわかったことがある。
私がイグアナの様に可愛いと思えるのは
恐竜(怪獣?)を小さくしたようなごつい顔で
舌がちろちろしないタイプ。

このフトアゴヒゲトカゲやイグアナは
口を開けても厚みのある舌があってなかなか可愛い。
Yjimage
(ネットで拾った画像)

お店のお兄さんに懐いている個体は
頭部はすっきりしていて蛇を思わせるタイプ。
なぜか私は、そっちより醜形と思われる怪獣タイプがいい。

中でもイグアナがいいな、と思ったのは
成体は菜食でよいことと、大きくなること。
全長の大半は尻尾だけど180センチくらいになる個体もいるそうだ。
大物好きのわたくしならではの感覚か。
Yjimagetip1o9lg
(ネットで拾った画像)


しかし、逆を言えば
大きくて飼育が大変でもありましょう。

 

お店のお兄さんが
私が爬虫類が得意でないことを知らずに
ほいほいとレオパだイエローヘッドだ、と
私の手に爬虫類を渡してくる。


半ばぞっとしながらも触ってみた。

もし飼育するなら気持ち悪いとか言ってられないし
動物取扱業者としての世界も広がろう。


特にぞっとしたのは蛇。
蛇なんて飼う気も触る気もない!!と思っていたけど
お兄さんが触るとイメージ変わりますよ。と
丁寧に水槽から出してくださったので
ここは触るのが円滑な人間関係、と
死ぬ気で触ってみた。

 
人生における高すぎるハードル、または
超える予定もなかったハードルを
今日はいくつも超えた日だった。


イグアナは飼育したものの、うまく慣れなかった場合に
その大きさや破壊力から飼育はお勧めしない、
とお兄さんがおっしゃいました。


ならば、実際に見せてもらったフトアゴなら
成体でもさほど大きくはないし
イグアナのように上下運動はほとんどしないので
伴侶動物としてはいいかも。
と思ったりもするのだが
生餌問題がある。


主食はコオロギやあれです。
           ↑
        名前も書きたくない

雑食なので野菜や果物も食べるそうだけど。。。


ただ、実際に
コオロギの給餌を見せていただきましたが
わたくし、虫はあまり好きでないせいか
捕食されることを残酷である、とか
可哀想とかは感じなかった。
むしろ私の苦手な虫を食べてくれてありがとう、みたいな。。。
ただ、その餌があれとなると、また違うでしょうね。
見るのもいやです。ww

2014.05.11

5月11日(日)

今日は良いお天気です。


Img_9575


私を
ひかるを
イチロー君を

産んでくれたお母さん
ありがとう。

全世界のお母さん

ありがとう。

« April 2014 | Main | June 2014 »