« May 2013 | Main | July 2013 »

2013.06.30

なんちゃっておばさん

昨夜。

全ての仕事を終えて
夜11時30分頃、ひかると2階の部屋へ。


毎日朝は
私が起きて服を着るなり
ひかるを連れてすぐ出勤(笑)なので
朝に部屋でのんびり遊ぶことはないため
お預かりのペットさんが概ね5頭以上いる日は
夜のこの時間が唯一ひかると濃密に過ごす時間なことが多い。


最近はずいぶん落ち着いたひかるだけど
まだオイタをすることもあるので
トイレに行ったりするときは
ひかるを呼びながら1階まで一緒に連れて行くことが多い。
でも昨日は呼んでも階下に降りてこなかった。


耳を澄ませながらトイレに行くと
何か探しているようなガサガサ音。


ひかるの口が届く高さにストックしてあるおやつを
勝手に食べてしまうことはないし
ティッシュを食べられないようにごみばこは高いところに置いてあるけれど、
宅配で届いたダンボールの角をかじったり
プラスチック製品をポリッとかじって壊したりすることがあって、
油断すると私がいてもそれをする。

部屋にひかるのおもちゃやボールが色々あるので
私がいると大抵はおもちゃで遊んでいるけれど
トイレから戻ると、やはり
ひかるがおもちゃ以外の何かを物色していたらしく、
不自然な場所にたたずんでいるひかると目が合った。

私はわざと距離をとったまま

何してるの(心の声)と言うまなざしでひかるの顔をじっと見た。

ひかるも立ち止まって

!!!

と言う表情。


その顔がすごくかわいくて、わたくしその場で思わず

くーん、と鼻を鳴らしてみた。(なぞの行動)


先代の犬や猫達にも時々やったことがあるあれをやってみようと思いついた。

 

泣きまね。

 

くーん、と悲しそうに鼻を鳴らした後でひかるの顔を見つめたまま
悲しい顔を作り
うぇ~~んweepと泣きまねしながらその場に座り込んでみた。

するとひかる


すたすたすた、と私に近づいてきて
私の懐に頭を押し付けてきた。
甘えてくる時より力強く押し付けてきて
明らかに心配してくれているのが伝わってくる。


嬉しくて
ひかる~~~~~~、と抱きしめつつ頭を撫でると
さらにギューギュー頭を押し付けるひかる。

ああ、なんと優しいわが息子よ。


こんなウソの小芝居をするかあちゃんを許してくれ。


ひかるに何か困ったことがあるとき、
体の調子が悪い時、いち早く私が守り、助けてあげようと
改めて固く誓ったのでした。


2013_06_28_021
しょーもないおかーちゃんだなぁ。(ひかる)

 

2013_06_28_019
ちらっ。(ひかる)

2013.06.27

全然ちがうもんなんだ

ヘルシオを買ってから今までは
近くの休憩用アパートに置いてあったので
お料理と言うよりは温めとして使うことしかなかった。

だったら普通のレンジのほうがずっと使いやすいわい。

釈然としないまま、たまにしか使っていなかったヘルシオ。


ヘルシオさん・・・

今まで申し訳ありませんでした!!!crying

先週から
自宅のキッチンに場所を移したヘルシオを
やっと本格的に使うようになったのは

外壁の作業が進まないために
外のプロパンからの配管を外したままになっていたガスレンジのおかげ。

ガスレンジはもう長いこと、
ガス屋さんの持ってきた応急用のボンベを室内に置いて
ホースでつないでいるのだけど
そのホースが右に置いても左に置いても
五徳に近すぎて怖くて調理に使えないのだ。


なので、説明書とにらめっこしながら
殆どの調理をヘルシオで作っているのだけど

 

 
もう、驚きの連続。


ヘルシオって


私の知ってるオーブンレンジとは全然別物なんだ。


そうだ、
家電芸人の誰かが以前テレビで言っていたのを思い出した。


いわゆるヘルシオのようなウォーターオーブンレンジは
調理器具(道具だったかな?)である。
みたいな事を言っていた人がいる。

その意味がよーくわかった。

買ったときは
減塩とか余分な油を落とすとか、
そんな響きが魅力で買ったんだけど
実際使ってみると、そういう健康配慮の部分より


庫内に入れてしばらく放っておくだけで
1つの料理が完成してしまうことへの喜びと驚きが大きかった。


スチーム加熱などはレンジ過熱より確かに時間がかかるのだけど
材料と調味料を大雑把に合わせて加熱の種類を選んでから、
別な仕事をしていると

やがて


ヘルシオ料理長が


はい、マダム。出来ましたよ。


お料理を出してくれるみたいな、そんな感じ。

ただの温めや加熱なら従来の電子レンジでも十分だし
その方が早く温まったりもするのだけど

使いこなすにつれて

ヘルシオ、手放せなくなりそうです。


ただ、これ
自分がうんと年をとってから入手したんじゃなくてよかった。
と思うんですよ。


やっぱり使いこなすまでには
良く説明書を見なければいけなかったり、
やってみては失敗したり
多少の鍛錬がいるのです。

2013.06.23

キッチンスタヂアム

キッチンは女の城などと申しますよね。

 

今回の改築にあたり
一番の目的は
冬の玄関への落雪落氷の改善だったのですが
それに伴って、スタッフさん(勿論私も)が
更に仕事をしやすいように、仕事用の水周りを1階の中心に集約し
キッチンはキッチン専用(小さなミーティングも行える)として使えるように
改装しています。

 

うちは元々
私の住んでいる家でペットさんを預かる、と言うコンセプトですが
お客様の数が増え、スタッフさんに手伝ってもらう時間も増えてくると
ペットさんの食器類や洗い物、持ち込まれた食料などを置くと
狭いキッチンはぎゅーぎゅーで、スタッフさんも出入りするし
私にとって食事を作るスペースと言うムードが皆無のここ数年でした。


はてさて、
今回の水周り大改革で、食生活の改善ははかれるでしょうか。happy01


改築と言うのは仕上がって使ってみないと
本当の使い勝手はわからなかったりしますが
どうか快適な仕上がりでありますように。と願う毎日です。


まだ完全に工事が終わっていませんが
少しずつ新しい場所での水仕事が始まっています。
場所が変わったお客さん用の洗濯機の場所も絶妙で
汚れ物をどんどん洗濯機に入れられます。


キッチンはやっと昨日床が張られて物が置けるようになりました。
今日は仕事の合間に何度も動きを確認しながら
物の配置を考えています。

自分の食事とペットさんの食事を作るための
キッチンスタヂアム。
いよいよ完成間近。

 
健康は食生活から。

2013.06.21

長かった。

今日は6月21日ですね。


5月20日に書いた記事で
着工が遅れたと書きましたが
遅れは2日くらいだったはずなので
5月22日には工事が始まったんです。


その時の記事にも書いてありますが
クライアントである私の予定は
2週間程度の工事期間だったわけです。


今日、6月21日。

まだ終わってないんですよ。。。。。。。。。。

確かに、トリミングの予約が入ってたりして
その日は水を止められては困る、と言う日に
工事ができなかったと言う
こちらの理由による遅延はあるもののそれは2、3日のこと。


キッチンの工事に入ってからは
10日間もガスコンロが使えず。


お湯は灯油なので使えてラッキーだったけど
自炊は完全ストップで外食と買い食いばかりだったり
予約も通常通りで受けた最大数の日に
大きな工事がぶつかったりして
さすがの私もかなりのストレスを感じていました。


やっと一昨日くらいに
終了のめどが立ってきたのですが

これって
やっぱ
ただ我慢するしかなかったことなのかなぁ。

もっと、


困るんですけど。
困ってるんですけど。

って言うべきだったのかなぁ。

言ったとしたら進行が変わっていたのかいなかったのかは
わからないけれど。。。


こう言うとき、
相談するような家族とかいてくれるといいよね。
ははは

それがもし短気な家族で
ブーすか文句を言ったり怒ったりするだけの人なら
いないほうがいいけど。(笑)

まあ、夜の空いた時間に
ストレス発散にジャスコとかに付き合ってくれる姉がいてくれたので
なんとか激おこぷんぷん丸にならずに
持ちこたえられたのでありがたかったわい。

  

P6200116
袋の中身が気になるひかる。


  

P6200122
袋の中身はたくさんのボール。

  
 

P6200124
ボールパラダイスでゴキゲンのひかる。

2013.06.13

あのね

6月は我が社の決算月でございます。

うちは個人の税理士さんではなくて
マネジメント会社さんに経理や労務のことを見てもらっていて
経理の担当さんは今期から担当になったとても感じのよい女性
社労士さんは最近前任の女性が退職して男性となり
コンサル全般は数年のお付き合いになる男性、と、
小さな小さな我が社のために専門家ががっちりサポートしてくださっている。

分不相応な匂いがするって?happy02

なんでそうなったかっつーと
中学時代からの友人が税理士協同組合の職員だったので
いつだったか税理士さんを頼むことにした時
どこかいいとこ紹介してくれな~い?と一言言ったことから
思いのほかばりっとしたとこを紹介してもらって
こういうことになったのです。


なんも考えてなかったのに
困った時やわからない事がある時は何でも相談できるので
ほんとに、良かったなぁ。といつも思っております。


そんで、決算に向けて、私も
やっぱ普段よりちょっとバタバタするわけなんどす。


そんな折、
愛玩動物協会の支部活動で
6月発行の会誌のメンバーになってしまったり
6月16日の運動会の責任者になってしまったり
家は工期が遅れまくっているリフォームの真っ只中。


先月末に契約した中古物件(多分、賃貸にすることになりそう)の決済も迫っている。


証券会社の小額投資非課税制度の申込書も送らねばならず
来週からは実習の学生さんも来る。


 
本来なら、
半年くらいにかけてこなせばいいくらいの雑務が
このひと月っつうか、半月から3週間くらいの中につまってしまって
さぁ大変。なんどす。

もそっと数ヶ月前に
客観的に自分の予定を考えて
受けること、受けないことを選別すべきだったんですね。


ちょこっとだけ反省しつつも
まあ、ちゃんとこなしますよ~~~~。

ふふふ。

って・・・、


 
余裕の笑いではなく


 


テンパってのナチュラルハイと思われます。

がんばりま~~す。

2013.06.10

人生波乱万丈

数日間、シッターにうかがったお宅のおばあちゃんのことを書きます。


今、ご新規でのシッターはお受けしていないのですが
(お受けしていないのは、シッターで長時間家を空けることで
ホテルでの預かり中の動物さんのお世話が滞ってしまうのが
大きな理由です)
それでも、お得意様のご事情などでホテル預かりだった子を
シッター対応に変える場合などが時々あります。


そんな中でも
ご家族の皆さんがお出かけ、と言うわけではなく
学生のお子さんやおじいちゃんおばあちゃんはご在宅だけれど
動物のお世話が出来ないため、シッターに伺うと言うケースもあります。


今回はおばあちゃんがお留守番しているお宅へのシッターのご依頼でした。


おばあちゃんは90代。
足が少し悪くて動く時はゆっくりですが
お話をすると70代前半だった私の母より
すらすらと会話を楽しめます。耳もよく聞こえているようで
特に気をつけてゆっくり話さなくても素早いお答えが返ってくる方でした。

私に気を使って動いて先回りしようとするおばあちゃんに
お礼を言いつつも、私がやりますから、どうぞそのままでいてください。
と言うものの、優しいお人柄で協力してくださろうとするお心使いを
ただ「やらないでください」とお伝えするだけではあまりに味気ないではありませんか。


そこで、おばあちゃんに動かないでいてもらうために考え付いたのが、
おばあちゃんへの質問でした。
沈黙で過ごすより、会話を楽しみながらなら私も楽しいし、
おばあちゃんは気晴らしにでもなれば何より、と。


初日、足が悪くてゆっくりしか動けなくてね、と仰ったので
おばあちゃんのそばで仕事をしながら
足はどんな具合ですか。と訊ねました。

病気の名前や通っている病院、出ている薬のことなど教えてくれて
たまたまそれは私の母も持っていた病気で通っている病院も同じだったので
会話がぴたりとかみ合いました。

2日目は
おばあちゃんが週に一度デイサービスに通っていると仰ったので
そこではお食事なんかが出るんですか?と
施設に関する質問をしてみました。

施設の人の親切な応対や、施設で体験するイベントのこと、
通所しているお仲間のちょっとした話などよどみなくお話してくださるおばあちゃん。
かと言って、お話は明るく前向きなので、
聞いているとうんうん、と引き込まれます。


3日目は、テレビの音が聞こえた気がしたので
好きなテレビとかはあるんですか。と訊ねてみました。
あまりテレビは見ないんだけど、徹子の部屋なんかは好きで見るわね。
とのことで、そこからしばしおばあちゃんと2人で
徹子さんを褒めまくり。(笑)
あるゲストの時の病気の体験談が勉強になったわ、と健康談義も少々。

その後で、前日にお話に出てきたある方が
おばあちゃんに宛てた絵手紙も見せてくださいました。
とっても綺麗なカーネーションの絵とおばあちゃんへの温かいメッセージ。
たくさんの方から愛されているおばあちゃんなんだなぁ、と察することが出来ます。

4日目は、おばあちゃま、ご出身は?と
最終日なので、少し込み入った質問をしてみました。

そこから展開されたおばあちゃんのお話は
まさに戦前戦中戦後の激動の中で生きてきた
1人の女性の真実。日本の歴史。

おばあちゃんは元々は北海道の方ではありませんでした。
東京で関東大震災も経験したそうです。
その後ご結婚されて息子さんたちは東京の名だたる会社にお勤めされ
私でも(誰でも)知っている事業にも携わっていらっしゃるご活躍に驚き。


思い出すと辛いような労働の日々、
訊かれなくても話したくなるような自慢できる話、
おばあちゃんは悲壮感もなく、自慢げなところもなく
淡々とお話を聞かせてくださいます。

そして、息子さん達のお嫁さん達を褒め
中でも、そこのお宅のお嫁さんを一番に褒めながら
私へも気を使った言葉をかけてくださいます。
ますますおばあちゃんが大好きになりました。


 
おばあちゃんは物腰はとてもやわらかいのに、
芯は強い方だとお見受けしました。
一生懸命働きながら息子さんたちを育てたようです。


 
「体が自由に動かないと1人でいるとき
つい気持ちが暗くなることもあるけど、前向きに考えないとね。」と仰る
ほんとにステキな女性です。
 
体が少し不自由でも、自分で動けるし
おばあちゃまは頭が明瞭で素晴らしいですよ。
と、後で考えると若輩者が不躾な物言いだったと反省していますが
思ったことをそのまま言ってしまいました。

 
おばあちゃんのお話を聞いていて
物の無い時代を苦労しながら生き抜き、子を育て
親譲りの勤勉さや誠実さを持ったその子供達が更に社会で活躍し、
日本は今の発展を遂げてきたんだなぁ、と一瞬にして悟ることが出来ました。

 

それくらい、おばあちゃんの人生は
日本の歩んだ時代をそのまま映していたのでした。

 
今の私達が便利な世の中に暮らし
好きな仕事に就いたり、好きに動物を愛でたり、
戦中戦後に比べれば小さなことに悩んでいられるのも
厳しい時代を歩んできてくれた諸先輩方の努力の賜物なのだと


深く感謝するばかりです。


他人様ばかりではありません。
自分の親も、祖父祖母も、その中の一員だったのです。


短い間でしたが
おばあちゃんとのご縁をいただけて
そんな気付きが出来たことがとても嬉しいです。

見ず知らずの若輩者が馴れ馴れしくなついてくることで
もしかすると気疲れさせてしまったかもしれないけれど
私にはとても感動的な体験でした。


おばあちゃまのご健康とご多幸を
祈念いたします。

2013.06.07

そーらん、そーらん

よさこいソーラン祭りが始まっている札幌です。

昨日、ちらりと大通りを通った時に
踊り子さんが踊っているのが見えました。


さて。


話は世界のミッキーに移りますが。


ミッキーマウスさん。


彼は既に世界のミッキーなわけですよね。


ジョニデ?ブラピ?
いやいやいや、実績年数も稼ぎ出した金額も
格が違うよね、多分。


彼を企業イメージに、とか
彼のデザインで商品を作りたい、と言う会社は
世界中に無数にあって
ある意味、彼はもう働かなくても一生食べていけるくらいの収入が確保できているわけです。


ま、彼の一生がいつまでかって言われると
返答に窮するのですが。


そんな彼がですよ。


今朝はUHB(北海道ローカル局)に
わざわざやってきて
東京ディズニーランドの30周年と、よさこいソーラン祭りへの参加を
告知するわけですよ。


 
世界のミッキーがね、直々にやってきて。
 

きっと札幌だけじゃないでしょう、
日本全国のローカル局やお祭りなんかをドサ回りして
こうして地道な活動をしてるわけですよね。

 
ほんと、頭が下がります。
 


私もね、20代の青春真っ盛りな多感な時期を
TDL(途中からはTDRに進化)で
ずいぶん楽しませてもらった義理がありますからね。

この30周年のうちに、一度はTDRに行って
ミッキーに直接御礼をしたいと思っています。


手土産に新巻鮭でも持ってね。


その前に少しでもミッキーへの恩返しとしてね、告知させていただきましょう。

6月9日(日)午後6時から
大通りパレード会場北で
ミッキーがYOSAKOIソーランで踊りますよ。


私は残念ながらその時間には仕事をしておりますが
私のように、ミッキーには恩とか義理があるって人が
札幌にもたくさんいると思います。


お暇な方はどうぞミッキーさんを応援しにお出かけください。

30周年のキーワードは
Happiness

皆様が、幸せでありますように。

« May 2013 | Main | July 2013 »