« March 2013 | Main | May 2013 »

2013.04.18

旅を考える

自営業なんだから
休みなんて取らないで働きなさい。

誰に言われたわけでもないのに


私の中でいつもそんな声なき声が聞こえている気がしていました。

お客様からの予約に
出来るだけ「できません。」と答えないことが
自分に出来る誠実さの1つとして
今までもこれからもやっていこうと思っています。


結果、
せっかく知り合った異性から
休日は?と聞かれても
「ありません。^^」。と答えては、
次のお誘いがなくなっていく独身生活を送っております。ヾ(≧▽≦)ノ゙


お客様のいない日が年に1~3日くらいあるので
その日が休みといえば休みでしょうか。
まあ、電話が来たり事務仕事があったりで

実際は仕事しながらもその途中で数時間の休憩を取って
ああ、ゆっくりできた。
と自分を納得させる感じで過ごしております。


誰かを雇って同じことをさせられるかと言えば
どんな高給を払ったとしても多分無理でしょうが、
自営にとって自分と言うのは
どれだけ酷使しても給料にも勤務時間にも文句を言わない
最高の労働者です。(笑)

そんな使われる側の自分への言い訳は
だって、自分の動物もいるからには
世話は年中無休なのだから
お客さんのお世話も一緒にできるのだし良いじゃないか。


確かにそうです。


 
しかし、
使われる自分の本音としては
たまには休ませてくれ。(笑)

私のペットホテル業は
確かに事業を始めた15年前は
一愛犬家がヨチヨチと手探りで始めたペット託児でした。


自分の動物の世話もあるのだから
預かった子のお世話も一緒にできる仕事。
そんな感覚でのスタート。


しかし、
顧客数が増え、スタッフを雇い、法人になり
少しずつ成長を遂げた今となっては
ペットホテルの「プロとしてのサービス」を
常に考え提供するのが弊社の社会的な役割です。

自分のペットがどうこうとか、
体調がどうこうとか、プライベートで何かあったからと
仕事に支障を出す(お客様にご迷惑をかける)ことは
できません。


事業主としての私は
業務全般やスタッフ(自分を含めた人材)の
労働の環境がどうであるかを客観視する目が必要です。


お客様に最善のサービスを提供するために
仕事に臨むのは当たり前であり
スタッフも自分自身も意欲を持って、
心身とも健康な状態で末永く内容の劣らない仕事を続けていくことが必要。


結論としては
今まで15年、これからの目標はあと20年。
長い目で見たら
社長のプライベートと仕事の関係の見直しも
時には必要だろう。

 

と思うに至り。(笑)

お客様にご迷惑をかけないよう
提携先のペットホテルさんやらスタッフさんやらの力を借りつつ


今年からは私も少し、
旅に出ようと思います。

ひかると一緒の旅
ひとりの旅
誰かと一緒の旅


広く世間を見て


 

自分にパワーをチャージして
仕事に還元する。


考えることは好きだけど
自分のこととなると
なかなか行動に移さない私でしたが

 
そろそろ神の見えざる足が

 

私の尻を蹴飛ばしたような気がいたします。(笑)

旅とは関係ないんですが
来月(5月)下旬より10日から2週間程度の改築工事が入るため
一部日程で、ご予約数の制限等があるかもしれません。

 

お出かけ予定のお客様はお早めにご予約を。

 

と言うお知らせを仕事用のブログに書く予定です。。。

2013.04.17

幕別のゴマばぁちゃん

テレビで珍百景を見ながら
お客様のご到着を待っておりましたら


 

北海道は幕別からの投稿。

 


なんと25歳の三毛猫ゴマちゃん!!!


 

思わず
テレビに向かって拍手。


 

一人で拍手喝采。


しかも、名前がゴマちゃんて。


  

なんだかちょーうれし~~~~。


 

先日、22歳になる三毛猫ちゃんを預かった。
他にも20歳越えてる猫ちゃんの預かりも時々ある。

ご長寿猫ちゃんが増えてるのを実感します。


2013.04.11

素晴らしき思い出

従姉のはつみちゃんが亡くなった。


48歳の若さだった。


昨年9月、
私の母の葬儀に来てくれた初美ちゃんとは
10年以上ぶりの再会だった。


数年前からガンを患っていることは聞いていた。


母方の田舎に住んでいた初美ちゃんとは
子供の頃、夏休みのたびに泊りがけで遊びに行っては
よく一緒に遊んでもらった。


初美ちゃんの家の目の前の海で泳いだり
小さな魚を釣ったりカニをとったり
初美ちゃんの家でいとこ同士総勢6人と
初美ちゃんと私の両親たち、じいちゃんばあちゃんもいた頃に
わいわいと楽しく過ごした時間は
私の人生の中での最高の宝物。


初美ちゃんには長女と長男がいる。


離婚してからも子供たちはまっすぐ育って
今は長男もすっかり頼もしくなった。

だけど、まだ20代の娘と息子が
優しかった最愛の母をなくしたショックはいかばかりだろう。


長女として大切に育てた娘が
自分より先に逝ってしまった叔母の悲しみも
どれほどのものだろう。

それぞれが抱える悲しみや痛み、後悔・・・
人の死と言うのは
残された人にとって
それぞれに学ばなくてはならない試練を与える。

年をとるにつれて
深い縁のあった人が段々とあの世へ旅立っていく。


もっとたてば
こっちの世に残されることの方が苦行に感じるのかもしれない。


それでも
せっかく生かされている命がある間は
人に優しく、明るく、元気に、
いつでもきげんよく
神様に愛される生き方を実践していくことが

生きる上での最大の修行なのだろう、と思う。


まだ小学生だった私と中学生だった初美ちゃんのように
あの世でケラケラと再会できる日がいつか来るんだろうか。


それともまた来世で、私たちは何か深い縁をもって
仲良く笑いあう人生を過ごすんだろうか。

病と闘った体の疲れから解放されて
初美ちゃんの魂がこれからずっと健やかにありますように。


2013.04.08

緑 LOVE

ブログの背景を変えてみました。


昨日は札幌も強風と雨でスタートでしたが
ニュースで見る本州ほどの過酷さはなくてすみました。


しかし、
南区内では中山峠の土砂崩れで通行止め。

うちから近い南沢でも
小さながけ崩れがあったり、
外勤で豊平川の左岸通りを通った時は
下流は緑地スペースに冠水が始まっていたり、と
春の嵐の脅威は目の当たりにしました。


そんな中
東海第4高校付近の山肌に
一気に解けた雪の下から無数のフキノトウの芽!!

毎年その年初めてのフキノトウを見ると
心がホワホワとステキな気分になります。

わたくしは5月生まれで誕生石がエメラルドなせいか
緑色がとても好きです。


赤も黄色もピンクも橙も金色も白も黒も紫も
けっこう好きなんですけど・・・

例えば、
生活雑貨で色を選ぶ時
緑のものを選ぶことが多い感じです。


緑はやはり、草木の色と言うイメージでしょうか。


白樺の木の新芽の黄緑とかは
もうたまらなく好きです。

P3140063
この庭の雪も昨日大半が解けてやっと砂利が顔を出しました。

スタッフさまが丁寧に雪山を崩して一面また白くなった上で
ワンコたちは今シーズン最後の雪の感触を肉球に感じながら
外遊びしております。

2013.04.05

かるしおレシピ

またまたテレビで見た話題なんですが

以前、タニタ食堂のレシピ本が大ヒットしましたよね。
私も持っています。(笑)

健康が気になる年頃の人のつぼにはまる
ヘルシーなメニューの本です。


それに次ぐ健康重視の料理本として
今ヒットしてるのが「かるしお」だそうですよ。

 
国循(国立循環器病研究センター)の病院食レシピ。


病院食だから塩分控えめは間違いなさそうですが
味がどうなの?と言うのが気になるところです。


私も過去に3回くらい入院したことがありますが
ある病院では食事のひどさに
入院患者さんが食事の時間になると
ブルーになると言う場面に遭遇しました。ww


国循でかるしおレシピを考案した料理人さんは
京料理の板前さんだそうです。

インタビューで
患者さんは体をやんで入院し、心も落ち込んでいるところに
楽しみに出来るのは食事しかないですからね。と
商業料理での下ごしらえを病院食にも実践。
結果、味も見た目も良くて減塩や適正カロリーも実現。


 

うーーん、感動。

病院食や社員食堂、時に学校給食でさえ
予算や経営者の考えによっては
やっつけ的な運営がまかり通っている部門です。


板前さんの修業を積んだ方が
病院の食事に関わる決意をされた裏には
幾人かの方々の熱い思いがあったに違いないと思います。

400食作るそうですが
料亭で1日限られた人数を満足させるのことより
400人の患者さんに笑顔や満足を提供できることの素晴らしさを選んだ
料理長さん、素敵ですね~~。


P3140055
ぼくのレシピも減塩?(ひかる)

いえ、無塩です。ww

2013.04.01

4月ですね

我が社の年度替りは7月なのですが


やはり、新入学、進学、就職で
世の中が新しい年度になった感じがするのはなんと言っても4月ですね。


私も気を引き締めるために
仕事に関して新しいチャレンジを取り入れようと
これまで色々考えてきました。


  

そして本日からいよいよ新たに始める分野があります。

  

今までは愛玩動物の預かりだけでやってきて
大半はワンちゃん、猫ちゃん、時々ウサギさんや
小鳥やハムスター、亀、
その他エキゾチックアニマルな小動物さんなども
少数ですがお世話させていただきましたが


  
  
今日からは

  
  
  
  

馬、牛、羊、熊、狐、狸、猿、キジ、きびだんご
などなど
更に多種多様なお客様にご利用いただけることになりました。

  
  
  
牧場、動物園、サファリパーク、
または山に住んでいる野生の皆様、
桃太郎様ご一行に至るまで
動物と関わる多くの皆様のお役に立てるよう
まい進してまいりたいと存じます。

  
  
  
  
  
  
  
  

・・・・・・・・・


  
  
  
って言うエイプリルフールはどうでしょう?


  
  
  
  

P3140051
こんなかぶこですが、これからもよろしくお願いします。(ひかる)

« March 2013 | Main | May 2013 »