« February 2013 | Main | April 2013 »

2013.03.30

笑顔

昨日も朝早くから
せっせせっせと仕事をこなす中
朝のワイドショーをつけっぱなしていたのだけど

坂口良子さんの訃報が流れて
とてもびっくりした。


昨年あたりは娘の杏里さんとテレビで共演して
頼りない娘とちょっとオヤバカなママ、みたいな感じで映っている
元気な姿をしょっちゅう見ていた気がした。


いや、でも
いつからから
娘さんが一人でテレビに出ることが増えてきたな、
と思うようになってから
すでにけっこう経ってるのかな。


私の時間感覚も当てにならない。

とにかく、元気でいるイメージがあったし
まだ57歳ということ、
正式なご結婚をされて間もないことなどで
えもいわれぬ悲しみと驚きを感じた。


今朝のネットニュースでは病名も明かされ
ご自身で知っていての結婚、知っていてのテレビ出演だったのかな、
と想像することができた。

池中玄太での坂口良子さんが大好きだった。


テレビを通して見る坂口さんは
元気で可愛らしいイメージで


彼女の笑顔は
普通の人がにこっと笑うくらいの笑顔でも
ぴか~~~~っと明るい笑顔に見えた。

だから好きだったんだと思う。


余市町出身なんですね。


ずっと前に他界した私の父親も
小樽で育ったらしいけど戸籍によると出生地は余市だったな。

早すぎるお別れで
残されたご家族もさぞお辛いことと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

2013.03.27

まだまだワンコたちは庭の雪山を上ったり下りたりして遊んでいますが
雪山を少しずつスコップで崩しながら
日々暖かくなってくる日に当たるのを楽しんでいます。

暖かいというのは
それだけで幸せな気持ちになります。。。


外勤の途中で
用事や食事のためにショッピングセンターやファミレスに寄ると
春休みのお子さん達を連れた団体さんでものすごく賑わっていて
びっくりします。(笑)


だからこそ
うちにも平日でもたくさんのワンコたちが来てくれてるんですよね。


皆さんがあちこちに旅行や出張などで動かれている
「気」の流れみたいなものを感じながら
私は外勤とちょっとした用事以外は家から殆どはなれず過ごしていますが

私も少し自分の中の「気」を循環させるためにも
今年は少しどこかへ出かけたいと思っています。


いつになるのか、はたまたほんとに実現するのかは今後の決断次第ですが
ある方に勧められて台湾に行ってみたいと思っています。

すると、
バーニーズの愛好家の集い「山犬倶楽部」の会員だった時に
会の幹部で大変お世話になった舟ママさんが大の台湾通とのこと。

舟ママさんは今、麻生で猫カフェのオーナーさんをされています。
行きたいと思いつつ、なかなか行ける機会がなかったのですが
近日中に初心者向けの台湾の情報でもうかがいがてら
猫ちゃんと戯れにお店訪問したいと思っています。


4月の入学時期くらいまではまだ我が家のスケジュール表も
予定がみっちりで真っ黒ですが
一息つける時間ができたら行って来ます。

話題に出させていただいたので宣伝しちゃいます。(笑)
      ↓↓↓

猫カフェ 福猫茶房さん

2013.03.24

事件勃発

3人だったスタッフさんが1人減ってから
2人体制のままで続けていますが
それから初の春休みの大繁忙期。

スタッフさんがいない時間が長いので
連日早朝から深夜まで断続的に仕事が続いていて
わたくしの抵抗力ががくりと落ちているようで
ヘルペスから来る激しい腰痛が出てみたり
寝不足による頭痛など、
ちょこちょことした不具合に襲われております。
え、年ですか?www


しかーし。
少しずつ高くなってくる気温と
走りやすくなる道路のおかげで
心はかなり元気な状態で仕事に取り組んでいます。

今朝も
スタッフさん不在の時間に
送迎とお客様のお出迎えお見送りなどが
ぎゅーっとつまったスケジュールのため
早起きしてできるだけ前倒しで仕事を進めようと頑張っておりました。

そんなさなか
ひかるさんにもできるかぎり十分な運動とストレス発散を・・・・の思いが
裏目に出てしまったのか


目を放した隙に、お客様の小さなケージに
顔を突っ込んで、中にあったおもちゃを奪い去り
更にボールもくわえようとした時に飲み込んでしまったんです。

お客様が持参した小さなぬいぐるみ。

それが朝の8時頃だったか・・・。


病院は9時からだし、
9時20分には客先に向かわないと
全ての時間が狂ってしまう。。。

あまり早くても人が不在だろうか、と少し待ってみて
9時になる前に病院に電話してみました。
時間外にすみません、と事情を話すと
すぐに来てください、と言うことになり


すっ飛んでひかるを病院に連れて行きました。


ひかるは特に異常もなくけろりとしているのだけど
やはり詰まって開腹手術などになったらいけないからと
先生が到着後すぐに吐かせるための処置を準備してくださった。


一番負担の少ないやり方から試しますね、と
何をするのかと思ったら


血管から、ある消炎鎮痛剤を注射。


この副作用で吐く場合があるのだそうだ。


へ~~。と注射後裏庭でひかるを歩かせると
数分でゲロリ。

しかし出てきたのは朝食べたフードだけで
目的のぬいぐるみはありませんでした。


先生に報告し、もう一度注射。
ひかるの大きさではこの量までが許容量と言うことで
これで出なかったらオキシドールで吐かせます、と・・・。


それ、ネットの誤飲対応で読んだことある。。。
先生も、それをやると胃が荒れる、とおっしゃるし
想像しただけでも胸がむかむかしてきます。


これで吐いてくれたら良いな、と思いつつ
再度裏庭に出てのんびりした気持ちでひかる~~、と
ロングリードで楽しそうに歩いているひかるに話しかけると
ひかる、またまた順調に嘔吐。


消化の進んでいない朝ごはんに混じってありました!!!
よく見るとライオンの形をした小さなぬいぐるみです。

ものすごい安堵感で
出ました~~!!と叫びながら待合室に戻りました。


ああ、この形だと閉塞の危険がかなり高いですね~
と先生。

うえ~~~ん。早く処置してもらってよかった~~~~。

ぬいぐるみは助手さんが洗ってかえしてくださいました。

ひかるは
処置の前もあとも変わらず
けろりんぱ。

のほほーーん。と車に乗って
慌てている私の空気を緩和してくれつつ客先へと同行。


先生の素早い処置、
ひかるがナイスな感受性で吐いてくれたこともあって
その後の仕事の予定はずらすことなく敢行できました。


不幸中の幸い。

吐いたあとのひかるとしばらく待合室にいて
とにかく「よかった、よかった」とひかるを撫で繰り回すばかりでした。


今まで2年半、色んなものはかじって壊し
おもちゃのかけらや木の枝などを飲み込んだことはありましたが
閉塞の危険のあるものは飲み込んだことがなかったのですが
今後は更に気をつけていかないといけませんね。


知人のバーニーズがどうしても誤飲癖が治らず
生涯で3回開腹手術した子がいます。
それはそれは気をつけていたことを知っていますが
特に、自分以外にも家族がいる日常生活の中では
どんなに気をつけていても隙を突いて事故が起こったりします。

ひかる、かあちゃんは忙しく働いていても
あなたのことをとても大切で
一番可愛いと思っているのだからね。
病気や怪我のときは誰より心配するし
元気でいてくれることが何より嬉しいんだよ。
どうか、のんびり構ってあげられない時も
それは忘れないでいてね。


P3220102
哀愁の背中ww


P3240016
胃袋の冒険から帰ってきたぬいぐるみ。

P3240017
私の手のひらと比べてこれくらいの大きさ。
出てきた時はフードの色になって、ウンチのような形でしたが
洗ってドライヤーをかけたら手足や耳が復活。

2013.03.22

うちのシロクマ?

今日から円山動物園で
シロクマの双子赤ちゃんがお披露目だそうですね。


うちの周りがまだ雪深いので
動物園にぶらぶらしに行こうという気持ちになるのは
もうちょっと先になりそうですが


可愛い双子ちゃんの遊ぶ姿を
是非見に行きたいです。


今朝撮った写真ですが
うちの庭はまだ雪山も高く
ひかるとイチローでボールを取り合いながら
山を駆け上がったり下ったり、激しく遊んでいます。


P3220094


P3220100


P3220105
子犬の頃は白っぽかったひかるも、今はキンピカの毛色です。

今朝は曇天で写真がちょっと暗いですね


2013.03.18

夢を描く

先日、久しぶりに
ジャンボ宝くじを買った。
グリーンジャンボ、1等前後賞で5億5千万円。


無駄遣いを極力したくないので
連番で3枚買った。


当選発表が過ぎてすぐの頃
姉に、当選番号確認したかい?

と聞かれ


あ、忘れてたな。と内心思いつつ口では
「どうせ当たってるから(急いで)見なくてもいいよ」と言って
高笑いした。


家に帰って確認すると

当たっていた!!

300円。ヾ(≧▽≦)ノ゙


今回は高額当選したらなにしよう~~~?とかの空想は
あまりしてる時間がなかったんだけど
いつもどおり、凄くステキなペットホテルを作ることと
今流行の不動産投資でめっちゃ立地の良いところに
管理が現実的な戸数の賃貸経営でもするか。
くらいは夢を描いていた。


しかし、最近は
昔と違って(自己啓発本等の影響)
宝くじの高額当選を空想するより、
自力で、事業をしたり夢の逆算をして何からはじめるべきかと行動し
叶えたいことを叶える方が早道であるし現実的である。
と言う考え方に変わってきたので

例えば不動産投資をしたいなら
その資金となるまとまったお金を得る必要がある。
(借金経営はしたくないので)

まとまったお金は、私の場合誰かがくれるわけではないので
何か事業で(働いて)得るしかない。


と言うことで、ペットホテルの現状をまるっと変える方法も
可能性としてはあるのかもしれないけれど
それは、考えるところがあって
今までどおりのコツコツ経営でやって行きたい。


とすると、何か別な視点から
社会貢献となる新たな仕事の発案が必要。


送迎などの外勤で車で走りながら
テナント募集の目立つ建物や
世の中の動きや人の流れを見ながら
何か世の役に立つ仕事はないかと考えている。


そんな中、ひとつ思い浮かんだことがある。


社長をやっている知人にその話をしたら
目の付け所は悪くないが、どうやって経営するの?と聞かれると

個人事業がそのまま法人になった会社しかやったことのない私には
え~・・・・・・・経営って・・・・・・・

どうするの?


って感じです。www


私は多分、
頭であれこれ考えることが好きで
空想したりそれを修正したり、と
考えているだけでも楽しめる体質なのでしょう。(笑)


空想を広げていくためには自然と知識が必要になってくるので
私の思う社会貢献が仕事になるのかどうか
次から次と新たな学びの課題が出てきて愉しいです。


一人の考えでは多分手詰まりになりそうだけど
そのために少しでも動いたことは
他の何かの足しになったりもするので
少し行動してみます。

2013_02_23_155
中年よ、大志を抱け?(ひかる)


ははは。

2013.03.14

ねこねこねこ

猫3匹のファミリーがお泊りしてくださった。

8歳と10歳と11歳。
飛行機に乗って遠方からやってきた猫ちゃんを
空港まで迎えに行ってそのままうちで初めてのお泊り。

気の小さい10歳と11歳の子は
我が家で猫ちゃんのお部屋に解放するときには
ケージの中で失禁していて
長時間の移動と不安による心労が伺えた。
しかし8歳の白猫ちゃんは復活が早く
真っ先に甘えてくるようになった。

3匹はどの子も体が大きく
時折部屋の隅っこで3匹で人間ピラミッドならぬ
にゃんにゃんピラミッドになって
黒っぽい2匹が土台、白ちゃんが上、みたいになってたり
黒っぽい2匹はとにかくいつでも
ドーム型のベッドや部屋の隅でくっついていた。


2晩過ぎた頃からか、白猫ちゃんは
私が部屋に行くたびにそれは可愛いしぐさで甘えてすりすりしてくるようになり
抱っこも喜んでくれるので
静電気を気にしながらもすりすりすりすり私もほっぺたをこすりつけて
可愛がって過ごしていた。

1週間におよぶお泊りだったけど
5日目くらいかな、いつもそれをじっと見ていたもう一匹が
辛抱ならん!とそこいらのテーブルやケージに体をこすりながら
私の方に近づいてくるようになった。


甘えたいんだなぁ~。
でも、気が小さくてなかなか警戒が解けないんだな~。

それまでも、
黒っぽい猫ちゃんたちは大人しいので
私から時折撫でてあげることはあったけど
自分から撫でてもらいに来る、と言うのが最高に嬉しい瞬間。


それと言うのも
白猫ちゃんがムードメーカーとなって
いつもいつも私に甘えてきて
最上級に気を許している姿を見せててくれたおかげ。


最年長の黒猫ちゃんは最後まで自分から来ることはなかったけど
送る時にいやな経験だったであろうケージに入れる際も
抵抗なくするりと入ってくれた。


昨日、父さん母さんの元に帰って
3匹でお泊りの思い出話でもしてるかなぁ。。。


甘えてくれる猫ちゃんのいる生活って
本当に幸せだ。

ごまちゃんとの別れからはや4ヶ月、
こうして動物を預かる仕事をしているおかげで
短い間でもその幸せを味わうことが出来る。。。。。。。

もちろん、
こんな風に思えるのは「いつも」、と言うわけではありません。
環境が変わって不安になっていたり
我侭になっている動物さん、介助の必要な老犬さん、
持病のある子、などなど
飼い主さんの元に返す瞬間まで
甚大な不安感を抱え続けることも少なくありません。


今回の猫ちゃんたちにしても
初めてのお泊りだったので、最初のうちは3匹の性格も分からず
食欲の減退や排泄の状況などをかなり心配しながら見守っておりました。


だからこそ、時間と共に状況が好転して行くことが
何より嬉しいんですよね。

2013.03.03

ひな祭り

今日は女の子の節句なので
ひかるには何もなし。(笑)

むしろ嫁入り前の女の子の節句てことは
私がケーキとか食べてよかったのかな。。。


先週だったかに桜餅を食べて
今日は特に何もしなかった。


さてさて3月と言えどもまだ冬将軍が
暴れまくっている札幌でしたが


私が忙しい日や暴風雪の時は
散歩はサボって庭運動だけになるひかるですが
今日散歩で歩きながら
雪の壁の高さを見て惚れ惚れ。。。

フレキシリードをいっぱいに伸ばしてひかるを好きなように歩かせても
歩道は両脇を高い雪山に囲まれていて
ひかるが車道に出る心配もないし
正面から歩いてくる人もいなければ
私とひかるの散歩専用道路みたい。


去年の冬、ひかると同じ時期同じ場所を歩いた時は
こんなに雪山が高くはなかったなぁ。と思い出しながら

時折ひかるがじっと見上げる豪邸や
過ぎてゆく巨大な除雪用の特殊車両をじっと見るひかるを
私がじっと見る。


犬と散歩するなら
こんな田舎の山の中がいい。

2013_02_23_163
先週のイチロー君とひかる


« February 2013 | Main | April 2013 »