« みなさんのおかげです | Main | みなさんのおかげです3 »

2012.09.09

みなさんのおかげです2

先ほどよりもう少しフランクな感じで

看護士さんと話すことが出来、

ちょうどその途中で担当医師が来てくれたのだ。


私はともかく、現状はどうで今後なにをしていくのか聞きたかった。

まさかこのまま下痢のための点滴だけってことないでしょ!?と

目の前の母の異常事態を一刻も早く何とかしてあげたかった。


お医者様が説明してくれているあいだにも

見る見る母の様子が悪くなっている。


おかーさん!!と声をかけながら私と姉はパニック。



その時母の息が止まった。


お医者さんが瞼をめくると白目をむいて

もう死んだ人みたいだった。



もうこれで死亡宣告で終わるのかと絶望感が襲ってくる中にも

お医者さんはずいぶん落ち着いていんだな。と思った。



最初からいた看護師さんと

詰め所から駆けつけた看護師さんと

ガラガラ運ばれてきた機材で母の周りはあっという間に囲まれ

お医者様が片手で酸素、片手で心臓マッサージしながらあれこれ指示をし

あれをするからと私たちは部屋を出された。


あの医療ドラマでよく見るあれ。


AEDの病院版。



部屋の前のサッシの枠に座り込んで

私も姉もさめざめ泣いた。


母はもう死ぬんだと思った。




こんな日は突然やって来るんだなと

無情感に包まれた。




つづぬ。




今現在母はまだ生きてがんばっています。





« みなさんのおかげです | Main | みなさんのおかげです3 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« みなさんのおかげです | Main | みなさんのおかげです3 »