« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.30

癒し効果

食べることには卑しいとか、そういう話ではなくて。

昨日は実家に行って
かぶこの母に撫でられて
母を癒し、自分を癒されの

癒し犬だったひかるです。


ひかるのお父さんゴルはセラピー犬として活躍していますが
ひかるもなんちゃってセラピー活動だったかも。ww


反対に、実家のイチローはこのとき
うちでトリマーさんに洗ってもらっていました。

2012_01_30_009


2012_01_30_006


2012_01_30_010
眠そうに目を閉じる瞬間を撮ったら
でへでへ笑ってるみたいな顔。(≧∇≦)

2012.01.28

命日

今日は父の命日。
他界してから丁度10年。

特に法事とかのイベントもなく
ただ実家に寄って過ごした。

父が亡くなった夜、
送迎に出かけたお客様のマンションの前で
姉から電話が来たんだった。
お父さんが危篤だから病院に来て、って。

それから数時間後に
入院中だった脳外科のICUで父は息を引き取った。


それからしばらくは
びっくりするくらい悲しい毎日だった。

結婚して実家からは出ていたけど
いつでも行こうと思えば行ける近さにある実家なので
私はよく実家に遊びに行ってた方だと思う。

私が行くと
おう。
と、新聞を広げてるいつもの場所で
ちょっと嬉しそうな顔をしていた父。


奇遇な事に
父が亡くなった晩に伺ったお客様から、またご予約が入っている。


お父さん、あの世から私の仕事ぶりを見てるかな。

お母さんが最近ちょっと調子が悪いの、心配してるかな。


生きてたら今年で77歳だったんだね。
短い生涯だったけど、楽しく生きたのかな?


そうそう、9歳で亡くなった愛犬おりーぶのお誕生日も今日なの。
生きてたら14歳。


家族と今生で別れることは
もっとも寂しいことであり
生涯続く感謝を胸に刻む出来事なのだなぁ。


2011_11_22_178


2012.01.24

行ってらっしゃい、ダルビッシュ!

テキサスへの移籍会見が
札幌ドームで行われるという事で

仕事の合間にちょっと行ってみた。

日ハム観戦には年に数回行く。

特別野球ファンとかダルファンとかではないのに
なぜかダルが登板の観戦が多かったり
日本一になったときの日本シリーズも
何の苦労もなくチケットが手に入って
ドームでちゃっかり観戦していた運の良いわたくし。

そんな私の強運は今日も発揮されました。


ドームの駐車場入り口付近に行ってみると入場待ちの車で大渋滞。
会見までは後20分足らず。

うむ~~。むりか。
と思いつつ、
もう1つある反対斜線側の駐車場入り口に回ると
行列はさほどでもなく
あれよあれよと駐車場に入れて
午後4時からの会見スタート丁度に北ゲートから入場でけた。
席に着いたときにはまだ会見は始まっていなかった。

奇跡だ。

私の車の数台後ろで満車の看板が出たようだから
もし渋滞の激しかった方の入り口に並んでいたら
おそらく満車で入れなくなっていたと思う。


Photo
本人が大リーグを夢見て!って感じじゃなくて
流れがそうなっていたから、って感じの移籍なのね。


プロとしてのスタートを切った日ハムに対する
ダルの里心みたいなのがとっても嬉しかった。


Photo_2
ついたときにはもうお客さんがびっしり。


Photo_3
会見のあと、客席の前を歩いてくれたダル。


世界を舞台に大活躍してくれるよね。

そして、いつかまた
札幌に帰ってきてくれたらいいな。

2012.01.21

新春ワンワン大会

新しい年を迎え、あれよあれよと日々が過ぎていく中

やっぱ、これでしょ。

な集まりが昨日開かれた。

りんご村から札幌行くよ~の連絡をきっかけに
シェンロン家での大集合が実現。

ワンコは
シェンロンくん&ティファちゃん&メディアくん
リールちゃん&チャコちゃん&メバルちゃん
べりりんごちゃん
ランちゃん
ひかる
今改めて書いてみたら9頭もいた!!?

猫の安寿ちゃんとチビ兄のじゅげむ君プチ君は
時折声だけの参加。

人も9人。

今年も宜しく~の乾杯で、
私の楽しい「ひかるイヤ~2012」が始まった感じがした。

酒豪もいれば下戸さんもいるし、
運転する私やリールママはノンアルコールビールなんだけど
みんな酔っ払ってるみたいな勢いで
めちゃめちゃ楽しかった。

ワンコたちは代わる代わるベランダからお庭に出たり
みんなのいるリビングで遊んだり
羊の群れのように外にたたずんでいたり。。。
見てるだけでも面白い。

ひかるは最後まで休憩もせず、
よそ様のおもちゃを壊すまで遊び倒し
食べ物に突進し、ワンコたちと遊び、
途中で私が仕事で中座して戻るまでの間もずっと遊んでいたようだ。

夜になっても疲れも見せず凄く楽しそうな顔をしている。

たぶん、犬は人以上に、場の空気を感じる力が強いよね。
陽気な「気」を体中で感じてひかるがニコニコしてるような気がした。


犬の集まる場所で親しい友達ができることは今までもあったけど

こういう盛大で楽しい会が開かれるのは

遠くからでも来てくれるリール家やりんご家、
これだけの犬と人が収容できる場所を提供し
居心地の良い空間と見事なお料理を準備してくれるシェンロン家、
セレブな差し入れや爆笑を誘う発言を提供してくれる美しく心優しいアニパンママ、
場を和ませてくれつつも豪快な飲みっぷりのランちゃんママ、

リールちゃんが生んだ子犬たちがそれぞれ行った先のおうちや
そのお友達もまきこんだ色んな条件が揃ったからこそ。


私は常々思っているけど
これは神様が私にプレゼントしてくれた奇跡。

ひかるやごまふがいる心穏やかな平穏な日々が
既にプレゼントなのに、
更に時々、こういう特上な時間を過ごせるプレゼントに
1人ひとりの皆さんに感謝するのはもちろんだけど

神の見えざる手?にも感謝しとけ、って話だよね。


そして、やっぱり、縁を運んできたひかるにありがとう。


ひかるは優しい子だし、ちょっとしつけしたら
うんと良くなるよ。って
センロンパパに言われたよ、ひかる。


私もそう思うんだ。


2011_12_24_004
ニコニコ(ひかる)


あ、褒められたと思って笑ってるな?

ちょっと勉強しないと、少し残念なところもあるよ、
ってことだよ。(かぶこ)


だけど、そこもきっと良くなるはずだから
少しずつでも一緒に勉強して行こうね。(≧▽≦)

2012.01.18

母のこと

うちから私の実家までは車で5分の近さ。

10年前に父が他界してからは
母と姉の2人暮らしなのだけど
父の他界後2~3年たった頃だったか
母が難病を発病した。

最初の診断はパーキンソン病。
ほどなくしてリウマチ性多発筋痛症の診断も出た。
体中がとにかく痛い、という。

不思議な事に、今はパーキンソン病の症状はまったく出ないのだけど
毎月3つの科を受診し続けていて、年々高齢から来る関節の不具合や
関節リウマチやら、抱えている病名は増えるばかり。

それでも愛犬の散歩は欠かさず
毎日の姉と2人分の食事の支度もド根性で続ける母だ。

そんな母が、ここ数日血圧が上がって具合が悪いというので
おととい、昨日、と様子を見に実家に寄ってみた。
私が飲んでいる健康のサプリメントを3粒渡すと、
素直に飲んではあれやこれやと母のおしゃべりが始まる。

私は、母のストレス発散の為に
取り留めのない話をひたすらうんうん、といいながら聞き役になる。

思うように動けないとか、色んなことでストレスがたまっていると思う。
それを少しでも軽くしてもらえれば、と思う。

身内でも、自分のペットでも
高齢になってくると
病気を抱えたりして行動が制限されたり
本人がやりたくてもできないことも増えてしまう。

だけど、それを不幸ととらえることはないと、私は考えるようになった。

病気を抱えていても、そのときその瞬間
ああ、幸せだなぁ、とか、ああ、楽しいなぁ、
とか感じる時間の過ごし方ができることが大切なんじゃないだろうか、と。


以前は、母が具合悪いと聞けば
闇雲に不安が襲ってきて
自分の気持ちがどんどんマイナスに向いたものだけど
今は、
少しでも母の気分が晴れるように何がしてあげられるかな?
と考えるのみで、闇雲な不安はない。

少しでも時間を作って顔を見に行くことの方が
少しでも母を元気にできるかもしれない、と思う。


普通は
心配事があると
どんよりするよね、気分も空気も。

部屋の空気が澱んだ時は、ぱっと窓を開けて換気するのがいいように
心配事があっても、自分がかもし出している「気」みたいなものは
綺麗にすっきりさせておく方がきっと良い結果が出ると思う。


母には元気で長生きして欲しい。

というのは娘として当然の希望なんだけど
私がやるべきことは
母本人が、少しでも、一瞬でも幸せだな、とか楽しいな。
と思って過ごしてくれることを考えることなんじゃないかな。


っていうお話だよ。


2011_11_22_245


2012.01.16

びっくり顔だったひかるのお話その2。

それは昨日のこと。

ひかる先生のお悩み相談室ごっこ(昨日の記事参照)を終えて
私はソファーの上ででテレビに顔を向けつつも、
ひかるがオイタをしないかにも五感を澄ませつつ(味は感じないけどww)
ゴロゴロと転がっていた。

だけど、ふと思いついて

ひかるぅ、と呼ぶと
ひかるは
呼びますた?とばかりにソファに寄って来て
転がっている私に「ちょいと」な感じで片手をかけてきた。

むふ。かわゆい。

そうだ、いつも私は上から目線でひかると接しているけど
相手が子供だったらひかるはどんな反応をするんだろう、と思いついて
私の一切の緊張感を解き放って
ひかるぅ、ひかるぅ、とひかるに子供っぽくきゃっきゃしてみると
ひかるは楽しい空気を感じたのかノシっと
転がっている私の上に乗っかってきて
私の喉元に置いた手にぎゅーと体重をかけた。

大人なら、痛い目に遭う前に回避するところですが
そこは子供らしく
いだい(痛い)よ~~~~うわ~~~~ん!!!と
泣きまね(かなり本気の泣きまね)をしてみました。


そのときのひかる・・・・・。


ええっ!!!???
ぼ、僕はどうしたらいいの!!??
ってうろたえた顔で私の顔を上から覗き込みます。

その様子を例えるなら、
初めて1人で世話をすることになった赤ちゃんが大泣きして
どうすればいいのか困ってるお父さんみたいでした。


ひかるお父さん。www

な~んちゃって。と
いつもの私に戻るとひかるも何事もなかったように
ストーブの前でくつろぎましたとさ。


だけど、私の「ウワ~ン」って大きな声で
明らかにひかるは心配して私を覗き込んだ。
ほったらかして行ってしまう子ではないことが分かって
とっても感動した。

O0640048011730926237
もうびっくりさせないでね。(ひかる)

びっくり顔だったひかるのお話その1。

昨年の10月26日で無事に1歳になってからは
ひかるの年のことをあんまり考えなくなった。

段々いたずらも落ち着いてきて
毎日がまったりしてきたのが大きな理由だろうけど
今1歳2ヶ月かぁ。


今まで、ひかるが
ものすごくびっくりな顔をしたお話を2ついたしましょう。

1つは、昨年夏。
銭函駅の近くに海水浴に出かけたときのこと。

車を停めた場所から泳げるポイントまでは100メートルくらいかな。
JRの線路を歩いて渡って、
線路のすぐ横に並んでいる漁師さんたちの小屋と線路の間の狭いスペースを
ひかるを連れて歩いていた。

そのとき、快速エアポートだったかが近づいてきて
私とひかるの横を列車が轟音で通り過ぎようとした。

ひかるは初めて見た大きな列車と風圧と轟音に物凄くびっくりして、
歩みを止めて固まったので顔を見ると
恐怖に引きつってる、って感じだった。

まだ1歳になっていなかったひかるにとっては
恐怖体験になっちゃったかな、と少し心配した。

だけど、そのあとは
ケロリンパで海水浴を楽しんでいました。


2011_11_22_172
そのときの写真。

泳いでるときは私も一緒に海の中だったので
写真がないのが残念。
水中でも撮れるカメラ、買っちゃう?ww


そして、つい昨日の
ひかるのびっくり体験。


長くなったので次につづく。

2012.01.15

飽きない遊び

それは、「ひかる先生の悩み相談室」。


相談者は
時にソファで寝転んだまま不真面目な態度だったり、
正座して礼儀正しかったりするが、
いつでも真剣な面持ちで問いかけている。

ひかる先生が
大きな顔を相談者の近くににゅっと寄せる。


相談者
「先生、ひかる君のことが大好きで仕方ないんですけど
どうしたらいいですか。」

ひかる先生
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

相談者
「先生、ひかる君のことが大好きなんです。どうしたらいいですか。」

ひかる先生
「・・・・・・・・・・・・・・・・・そのまま、まっすぐ進みなさい」

相談者
「わかりました。」

2011_12_19_024
毎日やってて、飽きないの?(ひかる)

あきない。(かぶこ)

2012.01.14

宴会を語る

数日前
大きな仕事を終えて
ワインが飲みたいなぁ、などと思いつき
実家の姉を誘って
旬屋(ときや)と言う居酒屋に行った。

ここのワインって、飲み放題880円に含まれる安いワインなんだけど
なんだか口に合うのだ。

その日姉と語ったのは「宴会」について。


私は、個人事業になって以来
会社の宴会と言うものには縁がない。

会社でいやもおうもなく開かれる宴会に
参加してたころ思い出すととっても懐かしい。

仲良しもいれば、そうでもない人もいる、あの感じ。
友達の家で数人が集まる家飲みとはまったく違う、あの感じ。

時々アソシエイツの懇親会みたいなのはあるけど
最近はメンバーも固定して久しく、宴会とは遠ざかっている。


昨年、私の心に残った宴会は2つ。
1つは小樽の藪半で開かれた宴会。
もう1つは仲良しの動物業仲間との宴会。

どちらも気心知れた方々だし、
なんといっても宴会の品がいい。ww
会社のようなしがらみもなくて、
共通の話題があるからおしゃべりには花が咲くし
自分の酒の実力を知らずに途中から暴走する若者もいないし
帰ってからもずっと気持ちのいい宴会。

特に小樽の宴会は、私にとっては珠玉だった。


姉の会社でも時折宴会があったり社員旅行がある。
その風景はまさに「昭和の宴会」だと言う。
新年の温泉ホテルでの宴会の様子を聞くと
私も会社に勤めてた頃の同じような光景を思い出す。
はだけた浴衣の男子、顔を真っ赤にする上司、
酔っ払ってお酒をこぼす若者、すっかり場に馴染む女子、
実はあんまり楽しんでない人・・・・・・
混沌としてきた後半にビンゴ大会で盛り上がる、みたいな。ww
懐かしいなぁ。

今年は自分でなんかの宴会をセッティングしてみようかな。
理想の宴会は10人くらいだけど、特に当てもないし
年賀状に、もう何年か続けて
そろそろ会いませんか。と書いてきてくれる昔の会社の同期さんがいるので
手始めに、3人か4人の小さな宴会から。ww


まぁ、私の場合、自分の予定が不確定な事が多いので
幹事になっても当日の遅刻だの欠席だのがないとはいえないのが
ちょっくらあれなんだよね~。


2011_12_24_009
よっ、宴会部長! (ごまふ)

2012.01.12

川の字

先日の3連休のときだったか
ひかるが午後に寝室に入ってきて
ごまふのおから猫砂を少々食べてしまった。

すぐ気づいて口から出したんだけど

そのあと、なんだかむせるような仕草を何度か繰り返していたひかる。

そんな日に限って、その後
どこから引っ張り出したのかペットシーツを1枚びりびりにしてしまい。

夕飯も食べたし、仲良しワンコとも元気に遊んではいるけど
時折吐きそうな仕草をします。

変なもの食べちゃったから?だよね~。
何度目かに、これって空吐きかなぁ、と心配になる。
大型犬の空吐きといえば胃捻転を思い浮かべちゃうからね。

大きいままの骨ガムを飲み込んでしまったり
消化不良的?なことで似たような仕草をするワンコも見たことはあるけど
心配なので
夜は私のベッドの隣で寝せることにした。

夜間専用動物病院にも電話しておいて
症状を話し、もしかしたら連れて行きます。とも伝えておいた。


2011_12_24_001
簡易ケージをベビーベッドのように私のベッドの隣にくっつけて
ひかるを入れると、慣れているせいかおとなしく寝てくれます。


2011_12_24_002
ベッドではいつも通り私の腕枕でごまふが寝ます。
臆病なごまふも、ひかるには警戒せず
ひかるのベッドの横を自由に動いています。


ひかるは寝息も静かに眠っていましたが
ひかるが動く気配を感じるたびにそっとケージをのぞきました。

心配なのもあるけど、
こうしてひかるとすぐ隣で寝るのは初めてで
神様がきっとこのきっかけを作ってくれたんだろうと
あまり心配しないで過ごすように意識しました。

その後、夜中に一度吐きそうで吐かない場面がありましたが
お腹の張りもないし、
朝のかかりつけ病院の開院時間までは大丈夫だろうと
またひかるが眠りについたのを確認して就寝。


2011_12_24_011
お目覚めのひかるくん。

何事もなかったように
おはよ~~、と顔を出しています。

翌日からは、空吐きもまったくなくなり食欲も排便も快調。


だけど、夜に一緒に寝ることは
数日たった今も習慣となりました。


年末年始と、また自分エリアのクッションフロアを掘ってしまって
今度は業者さんに直してもらうことになったのですが
夜にこの簡易なケージで寝るときは破壊行動もなく
すやすやと寝ているひかる。

ああ、なんと可愛いことでしょう。(≧∇≦)オヤバカ~

2012.01.06

雪国

好きよ~ あなだ~ いまでも~
いま~でも~

っつうことで
雪、多くありません?
うちだけ?

あらためまして、みなさま
新年明けましておめでとうございます。

って、まだ言ってるけどね。もう6日だってね。

いや~、スタッフちゃんのおかげさまで
繁忙期も何とか乗り越えて
今日から私の和尚が2。みたいなね。

んで、朝一でひかるを庭にだすと
もう庭の出入り口の段差が雪でなくなっちゃって
今後は雪のほうが高くなっちゃいます。みたいなね。

仕事がゆるい(少ない)ので
家の前の雪かきをせっせと頑張っちゃいましたよ。

あ。新春の一句できた。初春川柳。


あくせくと 雪かきしたら あせくさい


ってことで、正月らしく
昼から風呂でも入っちゃいま~す。


それでは、コタツのごまふさんにお渡ししま~す。
そちらの様子はいかがですか~?


Img_0361
今年のお年玉もたんまりにゃ。
いちま~い、にま~い・・・・・・・・・・・ぎくっ!!


ごまふさん、準備がまだのようでした。
では、ハワイのひかるく~~ん。

2011_11_22_170
こちら、ハワイです。(ひかる)


020
多くの芸能人の方々がお正月のハワイを楽しんでいます。

日本海だろ!

2012.01.01

2012年新春

あけましておめでとうございます。

お泊り中のワンちゃん猫ちゃん
みんなで新年を迎えました。

お隣の神社も
賑やかです。

皆様にとって幸せな1年になりますように。


今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


2011_12_19_015
おらからも、宜しくお願いします。

« December 2011 | Main | February 2012 »