« June 2011 | Main | August 2011 »

2011.07.31

目標は、家族仲良く

猫のごまふとひかるを仲良くさせたい。

私の何よりの願いだ。


以前、私とひかるとごまふで巴の字になって
ベッドに転がった話を書いたけど
その後も少しずつ、
18歳の老猫ごまふに負担がかからない短時間で
2人を慣らすためのふれあいタイムを取っている。

ふれあいタイムはもっぱらごまふのフィールドであるベッドの上。

ひかるもベッドのマットのボワンボワンした感触が好きみたいで
お気に入りのおもちゃをくわえてベッドにあがりたがる。


ごまふのことをぺろりとなめたり
ごまふを抱え込むように寝そべってみたりするようになってきた。
が、しかし。
それはまだ一瞬のことで

おもちゃ遊びに熱中しすぎてごまふを踏みそうになり
ごまふが立ち上がって怒り出したらふれあいタイムは強制終了。


それでも、
ごまふはもともとチキン猫なのに
怯えとか不快感とかを前面に出すことなく
どうにかひかるを受け入れてやろうと言う優しさをひしひしと感じるし
それはまるで私の顔を立ててやろうとする気配りにさえ見える。

一方のひかるも
相手が猫にもかかわらず
むやみな興味で走り寄ったりごまふに対して乱暴をはたらくでもなく
種は違えど尊重すべき相手なことは
なんとなく分かっているような接し方をしてくれる。


少しずつ、少しずつ。


絶対に
この子達と私と3人で
安心してぐっすり眠りこけても大丈夫な日が来ると
信じられない要素は何もない。


なんと素晴らしいわが子たちよ・・・。

5657
3月のころのひかる。

2011.07.30

飲んだ、飲んだ

昨日は暑かったっす。

夜、じゅんこさま(仮名)に声をかけていただき
澄川の集まりに参加しました。

暑さと楽しさで実力以上にアルコール摂取!!


昨日のメンバーはじゅんこさまとそのお友達2人、
途中からかぶこの姉も参加。

じゅんこさまのご友人のお1人は
なんと5、6年前か、
うちからも近いドッグカフェでお勤めになられていて
私もお見かけしていたはずの方。

これまで何度かじゅんこさまを介してお目にかかったときに
どこかで会ったような気が・・・と心で思っていたのですが
年月を経て、こうしてお話しする機会を持たせていただくことになろうとは。

自分で忘れていた当時の
ドッグカフェでのエピソードを思い出す一幕もあり
いや~、世の中狭いっていうか
縁があるとこういうことが起きるんだな~、と
たいへん愉快な気持ちになりました。

もうお一方のご友人が、これまた
私がまだ20代のころ仲良くさせていただいていた
会社の同僚の女子にお顔がとても似ていて、
語りの雰囲気とかクールなたたずまいもとても重なり
若きよき日の友人と私に思いもはせつつ
静かに繰り出されるおもろい話題にかなり笑わせていただきました。


平均年齢40歳超え(たぶん)ですが
楽しい女子会でございました。


6520
楽しんだんだね。
ぼくもそろそろドッグランでみんなと遊びたいよ。(ひかる)


了解。

2011.07.28

昨日は、
7月20日に誕生日だった姉が風邪を引いたため
一週間遅れとなった姉の誕生会。
澄川のさんかいでお食事しました。

姉はさんかいのメール会員なので
飲み放題は880円とお安く、
さらにお誕生日特典のパフェをサービスしていただいて
記念写真も撮ってくれました。


その写真をスマホで撮ったもの。

Dsc_0652
あえてぼけて写った写真ですが・・・^^;


その写真を見て母が
かおちゃん、ずいぶん太って写ってるね。


と言ったのを聞いて


私と姉が同時に


「だって、ほんとに太ってるじゃん」。


最近、平穏にハッピーな毎日なせいか
太ってきました。やばい。

帰ってくると、ひかるが笑顔。

かわええなぁあああああ。


6761

2011.07.26

夏だビールだ

今シーズンに入ってから
もうビアガーデンには2件行った。

ぶふふ。


と言っても、
エスタのビアガーデンと、そのすぐ目の前にある
札幌駅南口のビアガーデンをはしごしたのでした。ww


先日、
姉とロイヤルホストに行き
姉はデザート、私は仕事上がりのビールで飲んだくれてたとき


りんご母さんと偶然を装ってビアガーデンで会うか、って
話したんだよ、ってことを姉に言ったら
大いにウケて、
じゃあ、シェンロンママも偶然道で会ったって
うちらの車で拾って大通りに行っちゃえばいいんじゃない?
と姉。

ってことで
暑さをもてあましているみなさま。

偶然を装って←ここポイント
ビール飲みませんか~~。


姉の車は定員5名。
姉と私とシェンロンママとあと2人まで乗れますよ~。www


6522
短い夏を楽しまなくちゃね。(ひかる)

2011.07.24

小樽のいぬよ その2

069
北ホテルのレストランで
素敵な景色を見ながらの歓談も楽しく。


088
たたずむぼく。 かっこいい?(ひかる)


090
まだ遊び足りないよ~~。(ひかる)
ごめんね~、かえって仕事があるんだよ~。


092
また連れてきてくれる? (ひかる)

あたぼうよ!!!

帰って仕事をおわらせてから
ひかるをさっと洗ってドライヤーを当ててる途中


首回りのモフモフを見て


097

こ、これは・・・・・・!!!

093


このモフモフは ハッチのママ!!!


向かって左肩に見える白いモフモフが背中にかけてふわっふわなんです。


ハッチって、みつばちハッチのね。


Hacou
真ん中の方ですけどね、ええ。

ってことで、充実した楽しい一日でした。


小樽のいぬよ

あいたい気持ちがままな~ら~ぬ~


ってことで
行ってきましたよ、小樽へ。
リールママ、チャコおばちゃん、メバルちゃん、シェンロンくん&ティファ姉ちゃん、
バロンちゃん
そして、りんご母ちゃんと父ちゃんにも会えるし!!
ラブちゃんのママと坊やもいて、らぶり~~~♪

2人であるいた~塩谷の浜辺~

って、
「小樽のひとよ」の歌詞を検索すると
二番にこういう歌詞がありました!!びっくり。


小樽の塩谷に行ってきたんです。ww


053
起きたときから快晴の海日和。
昼近く、バイトちゃんに申し送りの準備をして出発。


054
ひと泳ぎした後のひかる。


今日は初めて本格的な泳ぎの練習。
かぶこも海に入ってひかるを呼び寄せ。
最初はへったくそな犬かきでバシャバシャと
おぼれてるみたいに水しぶきをあげていたひかるでしたが
りんご母さんのかっこいい泳ぎを見たせいか
りんご母さんが指導してくれたおかげか
段々泳ぎが上手に!!

水遊び2回目にして
もうひかるはライジャケ卒業です。
やった~~~!!


060


062


063

みんなに会えてよかったよ~~。


2011.07.22

初めての三つ巴

ひかるを寝室に入れるとまずごまふのご飯を狙うので
矯正せねば、と思っており
今日はあえて部屋に入れて食べようとするときにきつく制止。

するととっとと諦めて
どすんとベッドに登った。


最近ひかるはベッドに乗るのが好き。


一緒に寝るわけではないし
遊んでるときに乗ることは許容している。
ベッドはごまちゃんの寝床でもあり
抜け毛がどうとか汚れがどうとかはあまり気にしていない。

んで、
掛け布団の上に寝そべったままひかるを警戒しているごまふに
いつものようにクンクンしに近寄るひかる。
ひかるに、座れ、というと素直に座り
珍しくそのまますとんと伏せの格好になった。
私もごまふに頭をくっつけるように転がると
3人で巴のできあがり。
ほんの短い時間だったけど、今日初めて、夢だった「巴」を実現した。


しみじみと嬉しかった。


少しすると、嫌がるごまふが窓辺へ避難。

でもひかるはほんとに
ごまふに対して紳士的だ。
私がいない間に、ごまふから何か聞いてるのかな?と思うくらい。ww

かといって無関心なのではなく
毎回自分から寄って行ってはごまふにシャーといわれている。


面白いのは
相手が猫なのに
ひかるはごまふの尻の匂いをとるとこからアプローチすること。
兄(猫)を尊重しつつも犬の流儀は曲げないらしい。ww


223
初めて2人を会わせた日。
この時よりひかるは何倍も巨大になったのに
ごまふは怯えることもない。

2011.07.21

ごまふ18歳

実は前の記事を書いている途中に
事件がありました。


ごまふがすぐ横のテーブルの上で突然変な動きをし始めたのです。
下半身が動かないような、引きずって動くような。。。

先代の愛猫ののがなくなる直前
時折、神経症状のような痙攣がありました。

バニラが急死した日も
急に下半身が動かなくなりました。


そのときのことを思い出してぞっとしながら
ごまふを抱っこして、大丈夫だよ、大丈夫だよ、と
さすり続けましたが
ごまふは吐きたいのか、痙攣しているのか
なんとなく体が硬直したように変な動きをしています。


このまま死んでしまうんだろうか。。。。。と
少しだけ覚悟しました。

すこししたら
ごまふが私に抱っこされたまま脱糞しました。


なくなるときに脱糞する場合もありますよね。


ああ・・・・・・・・・


と、えもいわれぬ状況になりながらも
まだごまふをさすりながら
便の出たお尻のあたりをちらりと見たり
手を握ったりしていました。


すると、ごまちゃん
変な動きも収まり
私にさらにくっつくようにして
いつものように私の手に顔をこすり付けて甘えた動きを始めました。


脱糞したブツは私の短パンに乗ったままですが
そんなことはどうでもいいんです。


しばらくごまふをなで続け
だいじょうぶかい?と声をかけ続けました。

なんだか、大丈夫そうなので
床に立たせてみると
普通に歩きました。


今日はいつも以上に私ににゃーにゃーないていたごまふ。
数日前にいつもと変えたレトルトのご飯が気に入って催促してるのかな?
位に思っていましたが

レトルトと変えて食べる量が増えたせいで

もしかして
便秘に苦しんでにゃーにゃー言ってたのかしら。


私も、人生で2回か3回、便秘で死にそうになったから
その気もちすっごくわかるわよ。


しかも、元に戻ってくれたことが嬉しくて
よかったよかったを連発。


年老いて、下の不調を抱えるワンコもニャンコもたくさんみてきた。

これからごまふがそうなっていこうとも
私を頼ってくれればいい。


甲状腺と肝臓の不調がわかってからもうすぐ2年たつ。
10月には19歳。
朝と夜の薬は欠かせない。


2年前、症状が悪くなったとき、
一時はもう長くないかもしれないと覚悟して2年。
あのときからの時間は、神様からの延長サービス期間なのかもしれない、
と時々思う。

ここ1年くらいは、毎日のようにごまちゃんに
声に出して
いてくれてありがとう、大好きだよ。って言うようになった。

だから、ごまちゃんも
がんばってくれてるのかな。

4349


かぶこ、1人語り

今日は、お客様にいただいた
無濾過原酒 梅の宿の梅酒をいただきながら

ちょっと思うままに書いてみます。


普段は梅酒はロックのかぶこですが
8対2くらいで水割りにしています。
アルコール17パーセントだもね。


今回、りんごちゃんのことがあって
家族会の一部のメンバーと電話でいろんな話をする機会や
りんご村を訪ねたり、と、
今まで以上に深く接する時間を持たせていただいて思ったことなど。


家族会は
年齢も境遇もさまざまなファミリーです。
一番たくさん集まったときは、未就学?の小さなお子さんもいて
自分より大きなワンコたちと臆せず遊ぶ姿を見せてもらったり
私より年上のご夫婦が仲むつまじい姿を見せてくれたり
アイドルみたいな年代のお嬢さんもいたり、
唯一ひかると私のような母子家庭もあったりwwと
本当にさまざまな方と
「血縁のワンコと暮らすファミリー」と言うご縁で一堂に会しました。

そのあとも、
いつも全員集合とは行きませんが
誰かがドッグランに行く、と聞きつけては集まったり
一番遠方のりんごファミリーが来札すると聞きつけては集まったりしていました。


一番記憶に新しいのが
7月16日のBBQ。


その日、私にとって楽しみにしていたメイン行事は
BBQ前のドッグラン集合でした。

7月に入ってから仕事が多忙になり
ひかるもストレスをためていたらかわいそうだし
ドッグランで発散させてあげたい気持ちでいたので
BBQ前にドッグランに集合すると言う皆さんと合流するつもりでしたが
BBQは仕事の都合でいけないかもしれなかったのです。

しかし、当日は雨。

仕事量も少なくは無かったので
雨に濡れたひかるを連れ帰ってから手入れをしている暇はありません。
やむなくドッグランはあきらめました。

でも、せっかく家族会の方で集まるならば
BBQ会場であるシェンロン家には行こう。
と、仕事の調整を付けて行って見ると
雨の中、いや、雨だからこそ?
みんなでテンションあげて協力し合っている姿と
濡れながらも楽しそうにしているワンコたちの姿がありました。

どこにいっても自分の家になる、と言われていたかぶこなので
その時も
焼きあがる肉、ちょっと手を伸ばしたところにある飲み物、
まるで我が家のように遠慮なく参加し、堪能させていただきました。

もちろん、
焼き方で尽力されている方、場所を提供してくれたり
完璧なまでのホスト役をしてくれるママとパパに
感謝の気持ちでいっぱいになりながら、ですよ。(言い訳)


初のお酒の入る場でいっそう楽しんでいる様子の面々を見て
私もハッピーな気持ちになったし
ひかるもおうちの中で兄弟たちと遊べて
その姿を見れたことも、ほんとに楽しかった。


そして
それからほんの数日しかたっていない今日までに
たくさんの涙といろんな思いが家族会の仲で交錯しました。

そんな中、
後日談として聞いたBBQでの心温まる裏話や、
それぞれのご家庭がワンコと出会うまでの物語など、
初めて知ることとなった話題も耳にして、
家族会一人一人を主役にしたら分厚い本が1冊、
いや、それでは足りないくらいの物語になりそうです。


メンバーの中では、
その本をまだほとんど読んでいない方もいるだろうし、
私は短時間で2章くらいのあらすじを聞かせていただいたように思います。
しかも、その本はこれまでを振り返る内容であって
これからのストーリーはどんどん新刊が出るのです。


年齢ということではなく
さまざまな考え方や経験から
大人を感じる助言を下さる方、
控えめさ、謙虚さ、人を尊重する姿勢を見せてくださる方、
気配りのお手本となる方・・・・・・

出会いのありがたさをつくずく感じる皆さんです。


そんな風に思わせてくれた皆様に
いつか何かの機会に恩返しできるよう
私も錆付かずに鮮度や感度を磨かなければ、と思いました。


昨年の12月19日、
仕事で入っていた北翔クロテックで見かけた
よちよちの可愛い3頭の子ゴルが
ひかるの兄弟たちでした。
その中の1頭がりんごちゃんだったのでしょう。


あの時あの子達を見なかったら、
私とひかるの出会いも無かったでしょう。


私と家族会の接点が結ばれた日でした。


その辺の詳しい話はまた後日。。。


1899


2011.07.19

初めて会った日のりんごちゃん

追悼の意を込めてりんごちゃんアルバムです。


3月8日の初めての家族会で
わざわざ遠くから来てくれたりんごちゃん。

りんご村に行くまで一緒に暮らしていた
メバルちゃんやチャコおばちゃんのことを見つけて
喜んでたのよね。

Img_4279


Img_4318


Img_4364


Img_4416


Img_4422


Img_4489


Img_4518


りんご村への旅 写真編その2

012
この写真のどこかに、シカがいます!肉眼ではちゃんと見えたんだけどなぁ。w


013
かんばねーちゃんとフレームギリギリのツーショット


031
ぶれいもの!の喝で

033
心配するりんご母さんに
へのかっぱっすよ、のひかる。

037
かんばねえちゃん、めっさかわええ

りんご村への旅 写真編

001_2
今日はどこへ出かけるの? (ひかる)


006_2
りんごちゃんは、あの空にかえるの? (ひかる)


007_2
何にもないのがいい景色だね (ひかる)
そか?わしも、こういう景色好きだww (かぶこ)
風景はファインダーをのぞかずに撮ってます・・・

りんご村への旅 その3

りんごちゃんちは
国道から山に向かって
殆ど何もない林道を3キロほど進む。


りんごちゃんが事故にあったのはこの道なんだろうか。


りんごちゃんちを越えたその先には
目的地にする建物はほとんどないようだから
車もめったに通らない。
かわりに、だれもいないだろうと車がスピードを出す可能性も高い。


しくしくと胸が痛んだ。


出発してからなんどか、
車の中で感極まって泣けてきたけど
到着すると、
無事にたどり着けた安堵や
りんごちゃんちから漂う懐かしい空気に感激して
久しぶりに帰ってきた実家のように
こんにちは、と声をかけた。


すぐ上がった部屋に
りんごちゃんが眠っていて
気難しいと思っていたかんばちゃんは
ものすごく優しい顔で、
遠慮もなく上がりこむかぶこをとても穏やかに迎え入れてくれた。
年老いた猫のじろうさんも、リンゴちゃんの近くで横たわっている。


悲しいはずの場面と
初めて来たのに懐かしくて仕方ないような感情とが入り混じって
意外なくらい落ち着いていたことに自分で驚いた。

りんごちゃんは
元気な時と同じサラサラの毛並で
手を触ると関節は柔らかく動いた。
ずいぶん静かに寝ているだけ、みたいに。

短いような長いような時間を過ごさせていただいた。


火葬に出発するぎりぎりまでお邪魔してしまって
ご迷惑だったかな。

ひかるをワシャワシャしていただいて
野生のシカまで見ることができて
私にとってたくさんの出来事をもたらしてくれたお悔やみの旅。


ねえ、りんごちゃん。

ボブかぁも、ほかのママたちもみんな言ってるけど
りんごちゃんって兄弟姉妹の中ですごく重要な役割を果たしてくれたよね。

りんごちゃんが父さん母さんと動くとみんなが集まるんだよ。
みんながたくさん笑顔になって、
私もすごくうれしい時間や楽しい時間をプレゼントしてもらったの。


初めての家族会でりんごちゃんに会ったとき
なんだかわからないけど
ものすごくかわいくていとおしくあなたのことを感じたことを
私はとても不思議に思っていました。


今日、
可愛いままのりんごちゃんにお別れをいうことは
どうしてもできなかったけど
お別れの言葉はなくてもいい?


お別れを言うくらいなら、何度もありがとうって言いたい。

ひかるの中にも、私の心にも
りんごちゃんはずっといるんだって、思うことにするよ。

おいとまして
また約3時間の帰り道であれこれ考えたり感じたりしたことを
帰ってきてからりんご母さんにメールした。


人やワンコとは縁があって出会う。
私はひかるがもたらした家族会のご縁を
とても素晴らしいものだと感じている。


素晴らしいご縁は、きっとこの先も続いていくと思う。
私はまた、とっても居心地の良かったりんごちゃんちに
りんご母さんと父さんを訪ねて遊びに行きたいと思う。
そこにりんごちゃんの姿はなくても、りんごちゃんの話はたくさん出てくるはずだよ。


絶対また行きたいな、って思う大切な場所が1つできたのは
りんごちゃんのおかげだよ。


りんご村は
とても素敵なところです。

合掌

りんご村への旅 その2

りんご母さんとは一夜明けて
昨日の朝、電話で話すことができた。


やっぱり泣きすぎて
何を話したらいいのか、何を話したのか
よく覚えていないけど


明日だったら行けるの。と伝えると
火葬はそれからにする、とおっしゃってくれた。

りんごちゃんに会ってお別れをしよう。
りんごちゃんの暮らした空気を感じておこう。
そんな思いだった。


りんごちゃんちへの道のりを簡単に母さんに教えていただきながら
メモに走り書きした。


過去の職歴とペットタクシー業務のおかげで
札幌市内はタクシー運転手よりよっぽど詳しいかぶこだが
一歩市外に出ると北海道の地理はまったくの無知。
スマホのナビの使い方や道路地図を準備しながら
昨日は連休最終日のあわただしい仕事をばっさばっさとこなしていった。
仕事の合間にも、ご飯のときにも
りんごちゃんのことが浮かんでは涙がボロボロ出てきた。


そして今朝。

朝から普通に仕事し
留守中のことを申し送る伝言を作り
ごまふの病院に薬をもらいに行き
お昼少し前、
あわただしくりんご村に向かった。

りんご母さんには片道3時間くらい、と伺っていたけど
知らない道のりだと景色が過ぎていくことと時間の経過の感覚が一致せず
むしろあっという間だった。


途中、なんと砂川のサービスエリアで
お客様に声をかけられるというサプライズがあったり
おしっこするかと車からおろしたひかるが
なかなか車に乗らずに手こずる場面もあったけど
それもこれも旅の演出だ。


一番の山場は
降り口の愛山上川は昨日ネットで調べたところ
「旭川紋別自動車道」となっている。


私は札幌から延々と道央道を走ってきた。


あのぅ、旭川紋別自動車道って
どこから?

と自問自答するも、知りません。
知らないから聞いてるけど
知らないから答えられません。ww


そこでパーキングエリアに車を止めて
スマホのナビを起動!!!

すると、
道央道を進めば自然と旭川紋別自動車道がでてくる的なことが。


な~んだ。よかった。


と再びスタート。


走り書きに従って進むと
迷うことなくりんごちゃんちに到着した。

その3へ続く

りんご村への旅

車に乗せると小一時間で吐いていたひかるも
最近は1時間くらいはへの河童になった。


ひかるがもっと小さいころ
ひかると一緒に車に乗って色んな所へ小旅行しよう。
と胸を躍らせていた。

そのためには少しずつ長距離に慣らしていかないと。と思っていた。

最近は仕事が忙しくて小旅行の夢もいつ実現するのやら、
淡々と日々が過ぎていたけど
今までで一番の2人での長旅は
予期せず今日になった。

悲しいお別れの旅。

ひかるの同胎犬りんごちゃんの訃報を聞いたのは
前回の記事をアップした約2時間後。


連休初日のBBQがほんとに楽しくて
その気持ちを引きずったままの翌日の夜、
BBQの場でかわいらしさを振りまいていたりんごちゃんが
亡くなったと、シェンロンママから電話で知らされた。

頭が真っ白になって一瞬意味が分からなかった。


自宅近くでの交通事故。


まだ生後8か月と3週間。

昨日会ったばかりのりんごちゃんが
亡くなった?


うそでしょう。。。
うそであって。。。。。

シェンロンママと何を話したのか
今となってはよく覚えていないけど
ただ電話越しに2人で涙にくれたのだけは覚えている。


電話を切ったのはもう夜の11時過ぎで
ボブかぁにメールでお知らせすると
ボブかぁも驚いて電話をくれた。

相当なショックを受けているのが伝わってくる。


みんなが悲しみにくれた夜だったと思う。


深夜になったので
りんごちゃんちには電話は控えてメールした。
深夜にもかかわらず返事をくださった。


やはり、本当だったんだ。。。


何度も何度も泣いた。


りんごちゃんとの思い出をたどって泣いた。
りんご母さんや父さんの気持ちを思って泣いた。
ひかるのことを思って泣いた。
過去に亡くしたわんこ達を思って泣いた。
仕事で動物たちとかかわっていることについて考えて泣いた。

りんごちゃんの訃報が私に投げかけたメッセージは
あまりに深く大きかった。

その2へ

2011.07.17

BBQ

昨日は、雨の中シェンロン君ちでBBQ!!!


連休で仕事がたくさんあるけれど
りんご村からりんごちゃんも来るというので


顔出さずにはいられないっしょ!!


Bbq


途中でまた仕事に戻ったり
ちょろちょろしてたけど
たくさんお料理をいただいて
ひかるもみんなと遊べてすごく楽しかったです。

2011.07.15

Hug&Kiss

昨日は雨の札幌でした。

北海道に梅雨前線が停滞してたそうで
北海道には梅雨が無いといわれていますが
蝦夷梅雨といわれるお天気で、今日も曇っています。


が、室内はエアコン要らずの気温で
電気代がちょっと安心。


最近トイレはほとんど外になったひかるや
外でしか排泄しないワンちゃんは雨でも外に出しますが

ひかるは外に出すと雨で地面がぬれていても
まず砂利の上にお座りして、私に向かって挨拶(?)します。

なので私もひかるの目線にしゃがんで
むぎゅ。
っと抱きしめるのが恒例行事。


いつの間にこんな習慣になったんだろ?ww


6592


2011.07.11

湖デビュー

ひかるを連れて支笏湖に行ってきました。

ポロピナイまではうちから車で40分くらい。
海に行くより近い。

大して暑くもなかったし、湖は霧に包まれていましたが
近所の小川には突進したひかるだったので
抵抗なく水に入って遊びました。


私もサンダルで膝くらいのところまで一緒に入って遊びましたよ。
水遊びが大好きなのは、ひかるより私のほうかも。


110
ちょうどいい流木。水にも浮くね。


121
なんちゃってレトリーブしましたよ。ww


127_2

128
あのフラットさん、すごく泳ぎが上手だよ。

133
この救命胴衣、ジョイフルで4800円だったんだって。
サイズがぴったりだよ。


149
水も滴るいい男、でしょ?


152
もう帰るのかぁ。また来ようね~。

2011.07.08

ゆるい

あんまりエアコンで冷やしすぎると外気との差が激しくて
ワンコたちの体によろしくないかな?
と少し設定温度を高くしているせいか
小さなお客さんの中で1人だけ大きいひかるが暑そうにして
水をたくさん飲んだ。

そのせいか、
ゆるい。

久しぶりに私が留守の隙に室内トイレでお便をして
軽く踏んでいた。

きゃ~~~。

ワンコシンクに連れて行くと
なれたもので
シンクの扉をあけると自分からシンクに入ってくれる。
車には自分から乗らないのに、なんでだろ?

風呂の中のひかるさん、なんだかかわゆい。ww


3738
2月ころ、今の場所にシンクを設置して初めて中に
ひかるを入れてみたときは
まだ首から上が出るだけだったんだぁ~。

2011.07.07

お散歩コース

ひかるのお散歩は
時間もコースもかぶこの気まま。

時間がまったくもって不規則な仕事をしているかぶこと暮らす以上は
それもさだめ。

宿命と書いてさだめ。

って、演歌か。


大雑把には
出発してまずバス通りを南下するか
家の前を北西に向かうか。

北西に向けて出発するとき
途中、
なんとなく碁盤の目になっている住宅街に入り込めば
空き地や小さな公園がぽつぽつとあって

入ってよさげの場所には
ひかるさん、どかどか入って行って
しばらくクンクン現地調査。

庭に出して遊ばせるときもそうだけど
案外私は必死に歩くことなく
ひかるの運動量を確保しているかも。

それというのも、時折
ばっちりひかるの遊び相手になってくれるお客ワンコちゃんが
いてくれるおかげだったり

ひかるがまだ若くて探究心が旺盛だからかもしれない。

あと、バニラの若いときと比べると
がーん!!と衝撃の引張りがさほどないから
楽に楽しくお散歩できることも大きい。


いえいえ、あるんですよ。
ひかるにがーんとダッシュされることは。

ただ、散歩の大半の時間を
すきあらばダッシュしようとしていたバニラと比べると
ぜんぜん楽、ってことで。

最初に苦労するとあとが楽です。ww


410
なつかしの、昨年12月の写真

2011.07.05

新年度スタートしました

前回の記事で6月が期末だと書きました。


なので、7月から新年度を迎えたわが社です!!
あけましておめでとう!!!


って、ちがうか。


決算関係のいろいろなことをまだやっている最中なのですが
3月の東日本大震災の影響と思われる減収も
ここの所取り返すかのごとく
平日でも多数のお客様にお越しいただき
曜日感覚が狂いまくっているかぶこです。

やはり、周りのお話を伺っても
地震で延期になった行事やら仕事やらが
ここへきて再開している気配で、
私の仕事量とリンクしていますね。

山奥でひっそりとやっている仕事でも
世の中の動きとちゃんと連動しています。ww

« June 2011 | Main | August 2011 »