« November 2009 | Main | January 2010 »

2009.12.22

めがね

今日、彼氏さんとメガネ屋さんの店頭にあった
安いめがねを見ていました。
レンズが傷だらけで買い替えたいと言っていた彼氏さんの
顔に合う今風なフレームがあったので
いきなりそれを買うことに。

目の検査などしている間にもう1人の店員さんと話していて
私の視力も測ってもらうことにしたのですが
とても悪くなっていて。。。がーん。

お年頃からして老眼も入ってきてるんでしょうか!?

いえ、店員さんいわく、
「年齢からすると老眼があって普通ですが
むしろ乱視が激しいんです」と言ってくれました。

どう言ってくれようとメガネによる矯正は
ほぼ不可欠な状態だと。。。

今年の免許の更新は裸眼でスルーできたのですが
免許の視力検査は甘いんですよね。。。

今日の眼鏡屋さんでの検査は夜にしたのもあって
目が疲れていたせいもあるでしょうが、
0.3くらいしかありませんよ
と。。。がーん。

で、暇そうな眼鏡屋さんの売り上げにちょびっとだけ
私も貢献することになりました。

おしゃれとか似合うとか、そんなこと
ショックで考える余裕もなく
店頭の一番安いフレームから適当なのを選びました。

明日の夜から
メガネっ子デビューです。

2009.12.08

犬の映画

中学生の頃、映画館で観た
南極物語でどんどん死んでいく犬達がかわいそうで
それ以来、コメディ以外の犬映画はできるだけ観ないようにしている。

虹の橋や犬の10戒を読んだだけで号泣する私には
映画「犬と私の10の約束」など観れるはずがないと思っていた。
絶対、泣き過ぎるから。
公開当時のCMでトヨエツが
「ソックスが立てなくなった」と言うシーンだけでも
涙腺がやばかったくらいだから。

そんなことも知らずに
彼氏さんが借りてきたDVDの中にそれがあったので
気が進まないながらも昨日の夜2人で鑑賞した。

案の定、2人揃って号泣した。

でも、なんと言うか
私の思っていた重い涙ではなくて
犬がくれる幸せをちゃんと感じる感動の涙だった。

いい映画だった。

元となった
犬の10戒を改めて今読んでみて
やっぱりまた泣いてしまう。

バニラとおりーぶのあどけなかった目を思い出す。

« November 2009 | Main | January 2010 »